何度も運動の継続に失敗している方必見!継続のTIPSを4つお教えします

何度も運動の継続に失敗している方必見!継続のTIPSを4つお教えします

記事画像

 運動はダイエットなどの体重管理だけでなく、筋力や心肺機能が高まることで、健康の維持に欠かせないものだ。しかし、いざ運動を始めてみても続けるのが難しく、挫折してしまったという人もいるだろう。

□運動の継続が難しい要因は3つ

運動を挫折してしまう原因はいろいろあるとされるが、次の3つが主なものになるという(※1)。
・運動効果をなかなか実感できない
・「自分にできる」というイメージ(自己効力感)を、持ちにくい
・家族や会社の上司など、周囲の人の理解を得にくい。

 記事の前半で1つ目の運動効果について、後半で運動に対する自己効力感を感じるTIPSを紹介しよう。

□運動を始めてすぐでも体内では変化がある

 運動を始める理由はさまざまだが、目に見える変化を確認するには運動を数カ月継続することが薦められている。

 しかし、立命館大学スポーツ健康科学部の家光素行教授は、運動を始めてから短い期間でも、体の中で変化が起こっていることを指摘している。

 研究では、中高齢の被験者に、週3日の有酸素運動運動を開始してもらったところ、開始後2〜4週間の初期の段階で、血管の柔軟性を高めるホルモンが分泌されていることが確認されたという。これは、数カ月の運動をしなくても、体内に変化が現れているということだ。現在でも家光氏は、運動開始後の比較的短期間で健康効果をもたらす物質を探索しているそうだ(※2)。

□運動を挫折しないためのTIPS

 体内ではすでに効果が現れているという運動初期。それを知っても、運動の継続が難しい人もいるだろう。運動を継続するには、研究によって証明された次の方法を試してみるといい(※3)。

・音楽を聴きながら運動する
音楽を聴きながら運動すると、強度の強い運動をするときの辛さを和らげる効果があるという。おすすめは自分のお気に入りの音楽だ。
・鏡を見ながら運動する
鏡で自分の姿を見ながら運動すると、運動中のチェックができるだけでなく、運動をラクに感じることができるのだそうだ。
・スポーツ仲間を見つける
1人よりも誰かと一緒に運動する方が、運動の苦痛を和らげる効果のある「エンドルフィン」の分泌が増え、運動への耐久力が2倍になるという。
・運動前にコーヒーを飲む
運動する1時間前にカフェイン飲料を飲むと、飲まないときに比べて運動がラクになり、楽しく感じることができたという報告がある。

 運動を習慣にしたい人は、ぜひ紹介した内容を参考にしていただきたい。

関連記事(外部サイト)