陽気なアノ芸能人も実は短命!? 性格と寿命の意外な関係が明らかに

陽気なアノ芸能人も実は短命!? 性格と寿命の意外な関係が明らかに

記事画像

人の性格はその人の行動に影響を与えることから、健康とのかかわりが指摘されてきた。今回は性格と寿命の関係について紹介しよう。

□真面目な性格は心臓病にかかりやすい

真面目タイプの性格の人は、仕事熱心で、せっかちに物事を進めようとするため、心臓の病気にかかりやすいといわれてきた(※1)。日本人に多いとされるこのタイプは、マイペースな人に比べてストレスを抱えやすいことは容易に想像がつく。しかし近年の研究で、真面目な性格の人は長生きであるという報告がある。

□海外の研究で分かった性格と寿命の関係

アメリカで子どもの性格と寿命に関する研究が行われたところ、次のような結果が得られた(※2)。

・長生きしたのは、真面目で粘り強い性格だった。
・楽天的で社交的な人は、事故などによる死亡リスクが高まった。

上の結果をみると、性格傾向と寿命について納得のいくものでもある。筆者は医療職の経験があるが、真面目な患者は、服薬などの医療指示に忠実に従う傾向があった。そして医療指示が守れない患者には楽天的な人が多かったが、運転時などにも影響を与えるのかもしれない。

□周囲が認める陽気な人は短命

明るく陽気な人は、よく笑いポジティブであることから、長生きなイメージがある。しかし、周囲に明るいと思われている人は、寿命が短いという報告もある。

彼らは不健康な生活を送る傾向にあるだけでなく、わざと明るく振る舞うことが負担になっていることが要因とされている(※3)。テレビの有名人やコメディアンでも、プライベートではいつも1人という人がいるが、妙に納得する結果だ。

□性格を変えて長生きできる?

性格は生まれ持った気質や、育った環境の影響により作り上げられるものだ。長年培われてきた自分の性格を変えるというのは、誰にとっても難しいことかもしれない。性格自体は変えられなくても、自分の性格の弱点が分かれば、修正や補強することはできる。例えば、次のようなものが考えられる。

・長生きの人が多いとされる真面目な人も、心臓病のリスクは高いとされているので、時にはマイペースにやってみる。
・運転中は確認不足により、事故が起こりやすい。事故のリスクが高い楽天的な人は、運転中の確認を習慣にする。

まずは分の性格に起こりやすい健康リスクを知ることが、長生きに役立つヒントとなりそうだ。

関連記事(外部サイト)