「秋冬に美白ケア中断」で生涯損失なんと66万円も!?

「秋冬に美白ケア中断」で生涯損失なんと66万円も!?

記事画像

 日差しが強い夏に、UV対策や美白効果のある化粧品を一生懸命使用する女性は多いだろう。しかし、秋冬になってこれらの美白ケアを止めてしまう人もいる。理由はいろいろあるかもしれないが、美白ケアは続けた方がコストパフォーマンスがよいのだ。

□美白ケアをしている人の割合

 美白ケアに関して女性200人に行ったアンケート調査によると、次のような結果が出た。ちなみに、ここでいう美白ケアはUV対策や美白効果のある化粧品を使用することを意味する(※1)。

・美白ケアをしている人は全体の75%だが、1年中美白ケアをしている人は42.5%だった。
・美白ケアとしてUV対策をしている人は、96%だったが、1年中UV対策をしている人は50.5%だった。

 調査の結果を見てみると、女性の多くが美白ケアを意識しているものの、1年を通してケアを行う人は、半数にとどまっていることが分かる。

□美白ケアを中断するとリバウンド・コストが高くなる

 ファインナンシャルプランナーの山口京子さんは、ある効果をねらって投資してきたものを中断すると、今までの効果が無駄になったり、再開するときにかえってコストがかさんでしまったりすることを「リバウンド・コスト」と言っている。

 山口さんは、美白ケアを途中で止めると、生涯金額にして66万円もの損失が出て、日本全体では年間1,824億円になることを指摘している。また、そのほかにも女性が陥りがちなリバウンド・コストが高くなりやすいものに、サプリメントや、英会話なども挙げられるそうだ(※2)。

□美白ケアは1年中行いたい

 確かに秋冬の紫外線は弱くなるものの、紫外線自体は1年中降り注ぐものだ。肌は紫外線を記憶するともいわれており、対策をせずにうっかり紫外線を浴びてしまうと、肌の奥にシミのもとができて、しばらくして表に現れることもある。一度シミができると、高機能の美容液が必要になったり、完全に消すにはレーザー治療などが必要になったりすることもある。

 秋冬に行う美白ケアには、シミを防ぐための予防美白の効果もある。今まで春夏に限って美白ケアをしていた人は、リバウンド・コストを上げないためにも、今年の秋冬からは美白ケアの継続をおすすめする。

関連記事(外部サイト)