デリケートゾーンのかゆみやカンジタ感染 原因は下着の素材かも?

デリケートゾーンのかゆみやカンジタ感染 原因は下着の素材かも?

記事画像

種類豊富で見た目も華やかな女性の下着。その中からあなたが手に取る下着は、本当にあなたの体に優しいものだろうか。専門家によれば、下着の素材によってはデリケートゾーンのかゆみやすりむけ、さらには膣カンジダ感染の原因になる可能性まであるというのだ。合わない下着をはき続けると症状が悪化することもあるため、注意してほしい。

□下着の素材で肌トラブルに!

女性が下着を選ぶとき、ついついデザインのかわいさや素材イメージを基準にしてしまいがち。しかし、カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部臨床助教授のアレクサンダー・ジャン医師は「素材によってはデリケートゾーンに炎症やすりむけを起こしたり、元々あった肌トラブルを悪化させたりする可能性がある」と言う。通気性の悪い素材は熱や湿気を下着の中にため込み、女性器に潜む良い細菌と悪い細菌の均衡を崩してしまうため、炎症が起こりやすくなるというのだ(※1)。

□おすすめ下着素材NO.1はコットン

では、カンジダやかゆみを防ぐためにはどのような下着がベストなのだろうか? ジャン医師が特に推奨するのは「コットン」だ。水分を吸収し自然に外へと排出してくれるコットンは、女性のデリケートゾーンにも、そしてお財布にも優しい。心地よさでいえばシルクも履き心地バツグンで快適さもコットン以上なのだが、残念ながらお値段は優しくない。また、レースなどのデザインによっては、擦れて炎症を起こすこともある。

□汗かきさんには合成繊維がおすすめ

コットンは肌触りよく、下着内の水分をうまく外に出してくれるが、大量に汗をかくと乾きにくいのがデメリット。そのため、少し動いただけでも大量に汗をかいてしまう人には、コットンではなくポリエステルなどの合成繊維がおすすめだ。女性器周辺を適度に乾燥した状態に保てるため、膣カンジダになりやすい人にとっても優れた素材なのだ。

□ラテックスは絶対NG!

下着におすすめの素材がある一方で、これだけは絶対に避けたほうがいいと素材もある。ラテックスがその一つだ。ゴムの木から採った樹液で作られるラテックスは、一般的な衣服にはあまり使われない素材だが、体にぴったりとフィットする感覚や体のラインをセクシーに見せてくれる点を好み、愛用する人もいる。しかし、ラテックスのようなゴム素材は水分をパンツの中にとどめるため、長時間の着用は避けるべきだという。

□個人差もあるので自分に合ったものを

コットンは優れた素材とはいえ、個人差があるため必ずしも万人受けするとは限らない。実際にはいてみて、湿気がこもった感じがしない、はき心地がいい、かゆくならないものならば、それが自分に合ったものなのだ。

次に下着を選ぶ際には、今回紹介したことを頭に置きながら自分にとってベストな1枚を探してみては?

関連記事(外部サイト)