死亡事故最多は「みずがめ座」?警察のデータから見る交通事故と星座との関係

死亡事故最多は「みずがめ座」?警察のデータから見る交通事故と星座との関係

記事画像

 交通事故が発生しやすい県の上位にランクインしている愛知県。この地域を管轄する愛知県警が“星座別”に交通事故件数と事故ケースごとの関係をまとめたことが話題となっている。

 ここでは平成26年度の日本国内の交通事故の発生状況と併せて、愛知県警が報告したランキングの詳細を紹介していく。自分や家族、職場の人など身近な人の星座と照らし合わせて見ていくといいだろう。

□平成26年度の交通事故死者数・発生件数は愛知県が日本で一番

 最初に警察庁が公表している平成27年警察白書の都道府県別交通事故発生状況(平成26年)に掲載されている発生件数と死者数の情報を下記にまとめるのでご覧いただきたい。

<交通事故発生件数>
1位 愛知県 46,131件
2位 大阪府 42,729件
3位 福岡  41,168件

<交通事故死者数>
1位 愛知県  204人
2位 神奈川県 185人
3位 兵庫県、千葉県  182人

 平成26年の全国の事故発生件数は573,842件、死者数は4,113人だった。愛知県で発生した件数を全国件数との割合と比較した場合、全体に占める割合は事故発生件数が約8%、死者数は約5%になる。

 さらに愛知県は交通事故死者数が12年連続でワースト1位(平成17〜26年)である(※1)。そのため県を挙げて交通事故を減らす取り組みを行っている。今回の星座別の事故ケース紹介もその一環なのだ。

□10年分のデータから星座ごとの傾向を確認

 愛知県警では、愛知県内で発生した過去10年間の死亡事故(平成17年から平成26年)について、星座ごとの傾向を分析している。その中で星座別にどういったケースの事故に遭遇することが多いのか、加害者になっているのかを紹介している。

 例えば、みずがめ座は「愛知県において交通事故で亡くなる方が最多」、さそり座は「深夜0時から3時にハンドル操作を誤っての単独事故が多発」というように星座ごとに交通事故の特徴が記載されている。なお、12星座の中で一番事故が少なかったのはいて座だった(※2)。□星座別に注意してほしい月や曜日も

 注意してほしいポイントをはじめ、注意してほしい月や曜日まで書かれている。これだけのデータが掲載できるのも10年分のデータを解析した愛知県警の努力の賜物ではないだろうか。

 以下に愛知県警のWEBサイトのURLを記載するので、星座ごとの詳しい紹介はこちらでご確認いただきたい。
参考URL:愛知県警察 星座から見た交通死亡事故の特徴
https://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/topics/seiza.html
□星座の特性を参考にしよう

 交通事故は誰もが被害者にも加害者にもなる可能性を持っている。今回は愛知県のデータであるが、自分の星座の特徴を知っておくだけでも交通事故を回避するひとつのよい材料になるのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)