生まれた赤ちゃんの目はぼんやりと見える程度で、大人の視力には9歳までかかるとも

記事まとめ

  • 生まれた赤ちゃんの目は明かりがぼんやりと見える程度で大人と同じように見えていない
  • 新潟大学によると、景色を認識する視線の動かし方の習得に長期間かかることが分かった
  • 生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、0.02くらいしかなく、3歳児の頃に0.5くらいになる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております