国立感染症研究所がノロウイルス感染メカニズムの一端を解明 治療薬の開発が加速も

記事まとめ

  • 国立感染症研究所はノロウイルスが感染するメカニズムの一端を解明した
  • 食中毒というと、梅雨の季節などに多いイメージがあるが、意外にも冬場に多いという
  • 現在ワクチンや抗ウイルス剤はないが、今後ワクチンや治療薬開発の加速が期待される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております