腰痛のリスクを知らせるウェアを、北海道大学と大手光学機器メーカーが2015年秋に開発

記事まとめ

  • 北大と大手光学機器メーカーが2015年秋に、腰の負担を数値で確認できるウェアを開発
  • センサーが内蔵されており、姿勢や腰の負担をリアルタイムで測定することができる
  • 作業人本人に腰痛のリスクを知らせるだけでなく、労働環境の評価にも役立つという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております