GENKINGの“ズレてる”自意識を浮き彫りにした「セレブ偽造で借金苦」の過去

GENKINGの“ズレてる”自意識を浮き彫りにした「セレブ偽造で借金苦」の過去

GENKINGオフィシャルブログより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「バレてなかったの」GENKING
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系、5月28日)

 人間の直感は、履歴書や30分の面接よりも、よっぽど当てになると私は信じている。

 例えば、GENKINGが、一般人ながらインスタグラムで多数のフォロワーを持ち、謎の美男子セレブとして脚光を浴びだした頃から、私はずっと群を抜いた“うさん臭さ”を感じていた。あの若さでブランド物をたくさん持っているということは相当収入がないと無理だろうが、「専業主婦をしていた」「OLをしていた」「クリエイターをしていた」と前歴がころころ変わる、かつ、そんなに高収入とも思えない職種なのが、うさん臭さをより強くする。美容好きなことは一目瞭然だし、顔のパーツが整っていることは確かであるものの、なぜか清潔感もない。風呂に入るなどの衛生観念という意味での清潔感ではなく、裏の世界特有の臭みが漂っているとでも言ったらいいだろうか。

 2015年はバラエティ番組にひっぱりだこだったGENKINGだが、最近はあまり見ないと思っていた。ここにきて、5月28日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな』(テレビ朝日系)に出演し、実はセレブではなくインスタグラムに載せるブランド物のために1000万円もの借金をしていたと告白したのだ。

 愛知県出身のGENKINGは、上京当時月収が20万円程度であったのに、日本有数の高級住宅地である渋谷区神山町に住むことを決意する(家賃7万のボロボロのアパートに住んでいたそうだ)。ブランド品を買って着飾るようになると、遊ぶ場所も六本木にシフトし、出費がかさむ。特に痛い出費だったのが、タクシー代だそうだ。周囲には、電車に乗って遊びに来る人がいなかったので、GENKINGもタクシーに乗るものの、友達の姿が見えなくなるところで降り、あらかじめ隠しておいた自転車で家に帰っていたという。

 その頃、たまたま始めたインスタグラムのセレブ風画像で多くの「いいね!」を得たことで、GENKINGの見栄に拍車がかかる。最新の流行ファッションを身にまとうことに自分の存在意義を見出し、クレジットカードを使ってブランド品を買い、インスタにアップしたらすぐに売り、違うブランド品を買うという自転車操業を始める。旅行の際も、セレブアピールのため、片道だけビジネスクラス、1泊だけ超高級ホテルに泊まるなど、“偽装”に明け暮れた結果、テレビからもセレブ的側面にクローズアップする企画(1日でどれだけ多くの金を使えるか)をオファーされ、そのために引っ越しをしたり、家電を買い替えたりしていたとのこと。収入も上がっていくが、それを上回る出費を余儀なくされる……普通の人ならとっくに身の破滅を迎えていただろうが、GENKINGの場合、収入が上がり続けたことと、SNSにいい意味で飽き、「いいね!」をもらうことが快感でなくなったことで、破産を免れたと語っていた。

 「偽装セレブであることが友達にバレていなかったのか?」という質問に、GENKINGは「バレていなかったの。うまかったんだと思う」と答えていた。本人が「バレていない」と言ってるのに、私がこんな言い方をするのは何だが、友達にはバレていたけれど、GENKING本人に指摘しなかっただけじゃないかと思うのだ。

 友達であれ同僚であれ、経済状況というのは、特に探る意志はなくても、一緒にいるとなんとなくわかってしまうものだと私は思っている。私が会社員だった頃、定年間近の女子社員による横領騒動に遭遇したことがある。男性上司たちは慌てふためいたが、同じ部の女子社員たちは、怪しい動きとメンパブ通いなど経済状況が明らかに変わったことに気づいていた。ただオトナだから気づかないふりをするし、口に出さないだけ。横領となると話が大きすぎるが、友達との関係でも「最近、買い物したって聞かないな」とか「よく旅行に行っているな」という具合に、ちょっとした変化を感じることはあるはずだ。

 「GENKING本人だけが気づいていない」と思えた番組がもう1つある。17年1月16日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演したGENKINGは、SNSで「おかま死ね」などの誹謗中傷に悩まされていることを明かしていた。美容家・IKKOは「(SNSでの誹謗中傷は)今までの積み重ねなんじゃないか」と、自分を振り返る必要性を説き、GENKINGも「その通りです」と認めはしたものの、「ハイブランドをがんがん載せると良くないと思う方もいる」と、誹謗中傷されるのは、ハイブランドを持てない人に嫉妬されたからだというズレた解釈を披露していたのだ。ブラックマヨネーズ・吉田敬は、「ネットの意見を真剣に見すぎ」と述べていたが、GENKINGにとってSNSとは“全世界”に等しいので、気にせずにはいられないのではないだろうか。

 SNSには、「フォロワーは多いが、自分にしか興味がないので、トーク力がないことや目上の人を怒らせていることにすら気づかない」けれど「拡散力はあるので、時々テレビの仕事が入る」有名人がいる。狩野英孝の彼女として世に出た加藤紗里が代表例で、彼女を芸能人ではなく“SNS有名人”と書いたことがあるが、GENKINGも同じ分類の人に思えるのだ。近いうちに、GENKINGが紗里のSNSに「ずっと大好き」というハッシュタグと共に現れそうな気がしてならない。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)、最新刊は『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの」

関連記事(外部サイト)