《基本知識を伝授》尿もれ対策用品の種類と選び方を教えて!

《基本知識を伝授》尿もれ対策用品の種類と選び方を教えて!

《基本知識を伝授》尿もれ対策用品の種類と選び方を教えて!の画像

笑う・咳・くしゃみや、重いものを持ったとき、立ち上がった時に尿が少量漏れる、トイレに着くまで待てないなど、尿に関する悩みを持っておられる方は多く、その原因はさまざまですが、ドラッグストアにはそういった方へ向けて開発された様々な商品が販売されています。
そこで今回は、尿漏れが気になる方にオススメのグッズを医師に解説していただきました。
尿漏れのタイプ別・オススメグッズ!
現在、尿漏れ対策グッズとしては以下のようなタイプの製品が主流です。

・生理用ナプキンに似た紙製品で、下着や成人用オムツの内面に装着するもの。最近は男性用の商品も販売されており、男性の下着にも装着しやすく設計されている
・下着全体が紙でできた、子供用の穿くオムツのような製品
・下着自体にある程度の吸水性・防臭性を持たせた商品。パッドを追加で装着しなくてもよいものもある

漏れる尿の量が少量(数滴程度)であれば、おりものシートのような小さいサイズのライナーが向いています。量が増えるとナプキンタイプが向いています。夜用ナプキンタイプだと、150t程度の尿を吸収できます。
尿の量は場合によって異なりますが、介護用のオムツだと、尿2回分=150ccと考えられています。介護用の尿取りパッドは尿3回分程度を吸収できる商品もありますが、かなりかさ張るため、下着に装着すると服の上から分かってしまうと思われ、普段使いには向きません。
商品の選択ポイントとしては、

・尿漏れの頻度
・量
・どの程度の時間装着し続けるか

などから考えるとよいでしょう。一度使用してみて、自分の肌に合うか試してみることも必要かもしれません。
生理用ナプキンで代用はよくない?その理由とは?
生理用ナプキンでもある程度尿を吸収することができますが、生理用ナプキンは粘り気のある経血を吸収するように設計されており、高分子ポリマーと表面のパルプの配合が尿ケア専門品とは異なります。
そのため尿が十分吸収しきれず、表面がじめじめしたり、水分があふれることも考えられます。そのため、日常的に使用するのであれば尿ケア専門の商品を使うほうが安心でしょう。
また、尿ケア専門の商品は防臭加工がされており、気になる尿のアンモニア臭を吸収してくれます。
知らないと損をする!大人用おむつは確定申告できる!
「大人用紙おむつ」「医療費控除対象商品」と記載がある場合、医師が必要であると判断し「おむつ使用証明書」を発行した場合は、病院での診察料や医薬品代と同様に、医療費控除の対象となります。
医療費と合わせて年間10万円を超えると、確定申告を行うことでお金が戻ってくる可能性があるので、ドラッグストアや薬局で領収書をもらうようにしましょう。


医師からのアドバイス
尿漏れケアの紙製品を使用する場合、生理用ナプキンと同様に、水洗トイレに流さないように処理したり、使用した面を内側にして衛生的に廃棄するなどのマナーを守る必要があります。
商品の選択や使用法に迷ったときは、ドラッグストアの店員や、泌尿器科の医師・看護師に相談してみましょう。
(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)