【乳がん緩和ケア】肉体面・精神面の痛みを和らげる方法を解説

【乳がん緩和ケア】肉体面・精神面の痛みを和らげる方法を解説

【乳がん緩和ケア】肉体面・精神面の痛みを和らげる方法を解説の画像

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さんは、長い入院生活を現在も送っております。

実はがんの治療の中には「緩和ケア」と呼ばれる、がんによって苦しめられた身体面、精神面の痛みを和らげるケアがあることをご存知ですか。

今回は「緩和ケア」をテーマに、目的や方法、そして乳がんにおける緩和ケアはどのようなことがおこなわれているか、医師に解説をしていただきました。
がん治療における緩和ケアの目的・役割

目的

がんの状態にかかわらず、がんそのものやその治療に関する身体面、精神面での苦痛を和らげるために行われるものです。


役割

患者さんが少しでも苦痛を味わわずに、自分らしく闘病しつつ、生活していくことを援助する役割があります。
緩和ケアはどのような方が対象に受けられますか?

■がんにかかって何らかの身体的な痛みや苦痛がある方

■がんにかかって、悩みや精神的な苦痛がある方

■がんの治療に伴う身体の苦痛(抗がん剤による吐き気や、放射線による障害など)がある方

■がんの罹患に伴ってうつ病や適応障害といった精神的な病を発病している方

■病院ではなく自宅での闘病を選択し、緩和ケアを必要とする場合などにも、自宅で緩和ケアが実施されることがあります
がん治療における緩和ケアの方法

緩和ケア病棟

緩和ケアを受ける患者さんのみを対象につくられた病棟で、緩和ケアに精通したスタッフや、静かに療養できる環境などがそなえられたものです。


緩和ケアチーム

緩和ケアの専門的なトレーニングを受けた医師や看護師、心理士、薬剤師やソーシャルワーカーなどがチームを組んで、専門治療にあたるものです。


緩和ケア外来

外来患者さんで緩和ケアを必要とされている方に、病気の治療と並行して支援していくものです。家族に対する相談やケアも行うことになります。


在宅緩和ケア

在宅でも専門スタッフが訪問し、緩和ケアを行う場合があります。

地域の訪問診療や、訪問看護、介護などとも連絡を取り合いながらケアを行っていきます。
乳がんにおける緩和ケア

乳がんによる痛みの緩和ケア

医療用麻薬(モルヒネなど)を含む鎮痛薬を用いることによって、乳がんによる痛みを緩和し楽に生活できることを目指すものです。


乳がんによる精神的な緩和ケア

告知から治療の不安や気持ちの落ち込みに対するケアや、家族の精神面でのケアを行っていきます。
緩和ケアを受けたい場合は、どのような機関に相談行けばよいですか?
病気の治療を行っている希望を伝えて主治医に紹介してもらうのが、緩和ケアチームとの連携も取りやすくスムーズだと思います。
医師からのアドバイス

緩和ケアは病気が進行した時にのみ行うものと考えるのではなく、がんを患ったすべての方が皆さんできるだけ苦痛が少なく治療や日常生活を行えるように、ますます普及していくといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)