通勤中には要注意!満員電車で起こしがちな5つの体調不良と解決方法

通勤中には要注意!満員電車で起こしがちな5つの体調不良と解決方法

通勤中には要注意!満員電車で起こしがちな5つの体調不良と解決方法の画像

今、このコラムを読んでいる方の中には、通勤途中にご覧になっている方もいらっしゃるかと思います。

通勤中に気をつけていただきたいのがめまいやパニック障害などの、満員電車での体調不良です。その症状にはそれぞれ原因と対策があります。

そこで今回は「満員電車で起こしがちな5つの症状と解決方法」を医師に解説していただきました。
満員電車で起こしがちな症状1:めまい、ふらつき
原因
様々なケースがありますが、狭い空間に人がたくさんいることによって酸素濃度が薄くなりめまいやふらつきをきたす場合があります。

対策
時間をずらして、人と人との空間を保てる程度の混み具合の電車に乗る努力をしてみることで同じような症状は出にくくなるでしょう。
満員電車で起こしがちな症状2:吐き気
原因
人込みの中にいることによって強いストレスを感じたり、そもそも仕事やプライベートなどで負担を感じている事柄が重なっているときなどに自律神経のバランスが乱れて満員電車で吐き気をもよおしてしまう、といったことがあります。

対策
スポーツなどでストレス解消を兼ねて自律神経のバランスを整えることが有効と考えられます。

満員電車で起こしがちな症状3:脳貧血
原因
朝、血圧が低めの方に起こりやすく、立ちっぱなしによって立ちくらみのような感じでくらくらする症状が起きることがあります。

対策
こちらもやはり運動などによって筋肉をつけて血液の循環を良くすることなどは効果がある場合があると思います。

満員電車で起こしがちな症状4:失神
原因
立ちっぱなしの時や、いきなり立ち上がった時に起こることがあるといわれます。

対策
柱やつり革などにつかまって立つようにしたり、立ち上がるときは手すりを用いるなどするとよいでしょう。

満員電車で起こしがちな症状5:パニック障害
原因
狭い場所に人が多くいる圧迫感、乗り物で容易にその場を離れられない、逃げられないといった閉塞感が引き金になっている可能性があります。

対策
できるだけ電車が混みあう時間帯を避けること。また、精神科がパニック障害の専門になります。

満員電車で体調不良を起こしてしまった場合の対処方法
満員電車で体調不良を起こしてしまったら、対処法として大切なことはまずいったん、最寄の駅で電車を降り、休息することです。

仕事や学校に遅れるといった不安や問題もあると思いますが、高温、多湿で非常に圧迫感のある満員電車の中で身動きが取れるうちに逃げ場を確保しておくことは非常に大切なことです。

医師からのアドバイス
満員電車は特に持病があったり体調が優れない方には過酷な状況です。

狭い場所、圧迫感のある場所がどうにも苦手という方は、是非早めに家を出たり、遅めの時間に開始する授業を選択するなど配慮が必要です。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)