声優 田中一成さん脳幹出血で急死...若者にも襲いかかる突然死のリスク

声優 田中一成さん脳幹出血で急死...若者にも襲いかかる突然死のリスク

声優 田中一成さん脳幹出血で急死...若者にも襲いかかる突然死のリスクの画像

2016年10月10日(月)『地獄先生ぬ〜べ〜』や『ハイキュー!!』など数多くのアニメで活躍した声優の田中一成さん(49)が脳幹出血のため死去したことが、所属事務所の公式サイトで発表されました。

訃報を受け、多くのファンや同期の声優から悲しみの声が多く上がりましたが、今回突然田中一成さんにふりかかった「脳幹出血」とはどのような症状なのでしょうか。

実は若い人にもリスクがある「脳幹出血」について、医師に解説をしていただきました。
脳幹出血とは
脳はその部位や機能によって色々な名称がついています。脳幹とは、脳の構造物の中で中脳・橋(きょう)・延髄のことを差し、大脳と脊髄のちょうど中間、小脳の前方に位置しています。

脳幹部は脳神経という大切な神経が集まっている部分でもあり、網様体賦活系という意識や覚醒をつかさどる部分でもあります。また大脳からの指令を手足に伝えたり、逆に末梢の感覚を脳に伝えたりする時の伝導路となる部分です。

脳幹出血とはこのような大切な脳幹部の血管が破綻して起こります。中でも特に橋(きょう)出血が一番多く、予後も良好ではないため怖い疾患です。
脳幹出血の症状
■四肢麻痺(手足が麻痺することです)

■嘔吐

■突然の意識障害

■呼吸障害

■眼球が真ん中で固定される
脳幹出血の原因
原因としては高血圧がその大半を占めます。
脳幹出血になりやすいタイプ

■高血圧

■アルコール多飲者

■喫煙者

■運動不足

■ストレスの高い人
脳幹出血のさいに引き起こりやすい後遺症
■意識障害
 
■麻痺

■感覚障害

■嚥下障害

■視覚障害、聴覚障害

■閉じ込め症候群※1

※1:閉じ込め症候群……
ほぼ全身が麻痺状態であるのですが、意識は清明であるため周りで話している内容などはわかります。しかし自分では眼球の垂直運動、まばたき、しかできないので言葉や身振りでは意思疎通できません。眼での意思疎通を行うこととなります。
脳幹出血の治療法
一般的に治療には手術適用はなく、投薬による血圧コントロール、脳浮腫を取り除く治療、呼吸管理などの保存的療法が中心となり、経過を見ていくことになります。
脳幹出血にならないために心がけるべき生活習慣

◎低塩分食を心がける

◎禁煙

◎アルコールは適度に

◎規則正しい生活

◎ストレスを減らす
医師からのアドバイス
脳幹出血は若い人でも起こり得ます。しかも、ある時突然発症し、命の危険性のある大変注意するべき疾患です。

若い人でも、もし高血圧が指摘されているのなら、「自分はまだ若いから大丈夫」と思わずに高血圧の治療に取り組んでください。脳幹出血の場合は、起こってから生活習慣などを見直しても「遅すぎる」ことになってしまうので十分注意してください。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)