【2016年】芸能人が公表した15の病気解説 関ジャニ大倉や小林麻央等

【2016年】芸能人が公表した15の病気解説 関ジャニ大倉や小林麻央等

【2016年】芸能人が公表した15の病気解説 関ジャニ大倉や小林麻央等の画像

2016年も残すところあと2ヶ月半となりましたが、今年もあっというまに過ぎ去って行きましたね。毎年言ってる気もしますが。

振り返ってみると今年は芸能人が病魔に襲われるニュースが多かったように感じますし、年代を問わず体調を崩す方が目立ちました。

そこで今回は「2016年芸能人が公表した15の病気」をまとめて医師に解説していただきました。
2016年1〜2月に芸能人が公表した病気

Juice=Juice金澤朋子:子宮内膜症
近年増えている病気の一つで、子宮内膜とよく似た組織が子宮以外の場所にできてしまう病気です。

関ジャニ大倉忠義:腸閉塞
イレウスともいわれ、何らかの理由で食物や消化液などが腸で滞留してしまう状態を言います。

パイプが詰まった状態を想像するとわかりやすいかもしれません。
2016年3〜5月に芸能人が公表した病気

玉置浩二:憩室炎
大腸の一部が飛び出てポケットのようになっている部分、大腸憩室に細菌が入り込むなどして炎症を起こしてしまうものを言います。

西田敏行:胆のう炎
胆石などが原因となることが多いといわれる胆のうの炎症です。

ブルーリバー青木:A型急性大動脈解離
大動脈の3層の壁のうち、何らかの理由で真ん中の中膜といわれる層に血流が入り込み層構造がはがれていくものが大動脈解離であり、スタンフォードA型は上行大動脈に解離が及んだ、非常に深刻なものを言います。

徳永英明:もやもや病
脳の太い血管が詰まって、それをカバーするために周囲に細かい血管が発達するものです。
2016年6〜8月に芸能人が公表した病気

小林麻央:乳がん
乳房にできるがんのことで、小林さんの場合は遠隔転移を伴う進行がんであることも明かされましたね。

酒井若菜:膠原病
膠原病にはいくつもの種類があり、微熱や倦怠感、関節の痛みや炎症所見などがみられることが多いと思います。

さまぁ〜ず大竹:筋膜炎
足に激痛が走り入院となったということです。重篤になると非常に怖い病気です。

柴田淳:ウィルス性皮膚病
何らかのウイルスの感染のため、皮膚症状が出るものですが、詳細は発表されてはいないようです。

入院されたということなので、かなり重い症状があったのではないでしょうか。

℃-ute岡井千聖:声帯結節
声帯結節は声をよく使う方にできやすいといわれ、声帯にタコのような病変ができてしまうものです。
2016年9〜10月に芸能人が公表した病気

梅宮辰夫:十二指腸がん
十二指腸は胃からつながる臓器で、潰瘍などができることでも知られます。この部位にがんができたということです。

仮面女子神谷えりな:斜視
両目の見る方向が一緒ではなくなってしまう斜視は、時々見かける症状ですが、神谷さんは昨年手術を受けて成功したにもかかわらず内斜視が再発してしまったということです。

ソナポケko-dai:重症性急性膵炎
急性膵炎は、膵臓が炎症を起こし強烈な痛みを出すことが典型的です。ソナポケko-daiさんの場合は総胆管結石が原因であるようです。

ケツメイシRYOJI:特発性大腿骨頭壊死症
はっきりした原因は不明ですがアルコール多飲やステロイドの服用などが関係するといわれる、大腿骨頭が壊死、圧潰して股関節などに痛みを生じる疾患です。
医師からのアドバイス
今年も多くの有名な方が病気にかかりましたね。健康診断やセルフチェックなどをしっかり受けて、来年は健康な一年にしたいです。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)