【2016年】RSウイルス感染症流行速報!関東を中心に患者数増加中

【2016年】RSウイルス感染症流行速報!関東を中心に患者数増加中

【2016年】RSウイルス感染症流行速報!関東を中心に患者数増加中の画像

秋から冬にかけて気をつけたいのがインフルエンザなどの感染症の流行ですが、現在首都圏を中心にRSウイルス感染症の患者数が増加しております。

2015年にも猛威をふるったRSウイルスですが、2016年の流行状況はどのようになっているのでしょうか。

そこで今回は「2016年のRSウイルス感染症流行速報」を医師に解説していただきました。
2016年 RSウイルス感染症流行状況
現在の患者数
2016年9月19日〜28日の統計で、全国で5463件のRSウイルス感染症が報告されており、これはその直前の週より1200件以上も増加しています。

流行している地域
東京都、埼玉県など関東で報告数が多く、大阪府などでも発症が多くみられています。 また、大分県や和歌山県、石川県などで報告数が非常に増えています。

都市部で流行しやすい理由
RSウイルスの感染経路は飛沫感染および接触感染といわれていますので、通勤電車やデパートなどの大型商業施設での買い物など人ごみに行く機会が多い都市部は、感染者との接触の機会が多くなるものと考えられます。

感染しやすい対象者のタイプ
RSウイルスは感染力が強く、多くの子供が2歳までに感染を経験するといわれています。ただ、1歳前だと特に症状が重篤になりやすいので十分な注意が必要です。
2015年に大流行したRSウイルス感染症

2015年にもRSウイルス感染症の大きな流行がみられ、11月中旬では同時期過去5年間で最高の感染者数を記録しました。

また、流行はやはり大都市圏中心であったようです。
RSウイルス感染症の感染経路

飛沫感染
感染者の咳やくしゃみなどを通じ、病原体の混じった分泌物を吸い込んでしまうことにより感染が成立するものです。

接触感染
感染者の皮膚や粘膜に触れたり、手すりやつり革などを共用することによって感染が成立するものです。
1歳未満の乳児が感染に要注意

RSウイルスは1歳未満の赤ちゃんが感染すると呼吸器症状などが重症化、また急変しやすく、入院などが必要になる場合もあります。
RSウイルス感染症と疑える症状

■発熱

■鼻水

■呼吸がゼイゼイしている、無呼吸がある

■解熱後も呼吸器症状が続く

■咳のために夜間目が覚めたり、吐いたりする
RSウイルス感染症の予防対策

手洗い、うがいやマスクを着用すること、共用部分にはアルコールによる除菌を行うことなどがおすすめです。
RSウイルス感染症による重篤な合併症
無呼吸
特に乳幼児には、突然死につながる無呼吸が起こる場合があります。

ADH分泌異常症候群(SIADH)
SIADHによるホルモンの分泌異常により、低ナトリウム血症などを起こすことがあります。

急性脳症
非常にまれではありますが、脳症を起こすことがあることが知られています。
医師からのアドバイス
流行の状況や地域などの情報に対するアンテナを高くして、特に2歳前の乳幼児のいるご家庭では十分注意をしていただきたいと思います。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)