寝相と睡眠時間の関係を調査 「仰向け」と「右向き」は睡眠時間が長くなると判明

記事まとめ

  • 寝相と睡眠時間の関係を調査すると、仰向けと右向きの人の睡眠時間が長いと判明した
  • 睡眠継続時間が長い姿勢は、60歳以上では右向き、40-60歳では右向きと仰向けだという
  • 鼻炎や胃腸の問題には右向き、肩こりや腰痛には仰向けがよいとされているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております