特定疾患に指定される『潰瘍性大腸炎』は20代に多い傾向 下痢と血便を繰り返す

記事まとめ

  • 潰瘍性大腸炎とは厚生労働省より特定疾患に指定されている現代病
  • 20代の若い人に多く、直腸や大腸に炎症を起こし、下痢と血便をくり返す
  • 長期間悪い状態が続くと大腸がんが発生しやすくなるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております