京都大学などの国際研究グループがアトピー性皮膚炎の治療薬候補を開発し効果を確認

記事まとめ

  • 京都大学などのグループがアトピー性皮膚炎の治療薬候補を開発し効果を確認したと発表
  • アトピー性皮膚炎は根本的な治療法がなかったが2年後の実用化を目指したいとしている
  • 両親がアトピー性皮膚炎の場合、子どもの80%がアトピーを発症すると言われている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております