【受動喫煙症】急な頭痛、喉の痛みの原因は副流煙かも?

【受動喫煙症】急な頭痛、喉の痛みの原因は副流煙かも?

【受動喫煙症】急な頭痛、喉の痛みの原因は副流煙かも?の画像

飲食店における受動喫煙の対策をめぐり、2017年5月15日自民党に対し部会で厚生省側は「30平方メートル以下のバー・スナックを除いて原則禁煙とする案」に理解を求めていましたが、自民党案に歩み寄りを示した様子です。(参考)

タバコを吸わない非喫煙者でも、副流煙により肺がんなどの悪影響を及ぼす「受動喫煙症」。副流煙に含まれる化学物質や、受動喫煙による症状などを医師に解説していただきました。
受動喫煙症とは

受動喫煙による健康被害のことです。タバコのにおいを感じなくても、空気中にタバコの有害成分が含まれることがあります。

※ 受動喫煙
自分が喫煙するのではなく、環境タバコ煙(他の人が吸っているタバコの先から出る煙や、喫煙者の吐いた息、もしくは喫煙後の部屋のカーテンや喫煙者の髪・衣服から出た有害物質)を吸い込むことです。
化学物質過敏症と受動喫煙症の関係

化学物質過敏症とは
タバコの成分に限らず、様々な薬物や化学物質によって健康被害が引き起こされる状態です。

■ 化学物質
水や食べ物、我々の体も化学物質の集合体ではありますが、この場合は主にトルエン、ベンゼン、ホルムアルデヒドなど揮発性の有機化合物を指します。

■ 症状
化学物質に対する個人の許容量を超える量にさらされた後に、化学物質に対して過敏に反応するようになり、以下のような多様な症状が現れます。

・アレルギーに似たような症状(結膜炎、鼻炎、皮膚炎、喘息)
・動悸
・下痢
・吐き気
・発汗
・疲れやすさ
・うつ状態
・不眠
・頭痛

受動喫煙症の一つ
タバコは化学物質過敏症の患者につらい症状を引き起こす原因の一つであるとも言えますし、受動喫煙症の症状の一つに化学物質過敏症があるとも言えます。
受動喫煙症の症状

急性症状
・目が痛い、沁みる
・涙が出る
・喉が痛い
・咳や痰が出る
・息苦しい
・頭痛
・吐き気
・動悸
・胸の痛み など

慢性症状
・化学物質過敏症
・アトピー性皮膚炎や喘息の悪化
・気管支炎
・中耳炎
・副鼻腔炎
・脳梗塞
・心筋梗塞
・乳幼児突然死症候群
・様々ながん
(肺がん、白血病、副鼻腔がん、食道がんなど)
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)など
分煙では受動喫煙を完全には防げない理由

喫煙をしていない時点でも、喫煙者の呼気には有害物質が含まれています。

また、喫煙者の衣服や髪からも有害物質が拡散しているため、喫煙する場所を分けるだけでは完全に有害物質をシャットアウトすることはできません。
受動喫煙症の治療方法

受動喫煙症の患者が、職場の禁煙・分煙をするよう職場に働きかけたい場合、医師に依頼をすることで、受動喫煙症であることの診断書を作成してもらうことができます。

その場合、長期休暇などで受動喫煙がなくなると症状が改善したり消失したことがあるというエピソードがあるとより有効です。
今後の課題

他人に迷惑をかける行為は慎むべきと誰もが分かっていますが、喫煙については喫煙者と非喫煙者の間で認識が異なっており、難しい面があります。

喫煙者の認識
喫煙者からすると、受動喫煙の害について説明されても以下のように感じている可能性があります。

・喫煙コーナーでしか吸っていない
・ベランダでしか吸っていない
・換気扇の下でしか吸っていない
・他人に迷惑はかけていない
・私にはタバコが必要なんだ
・私が喫煙する自由を阻害されている

禁煙の徹底が難しい経緯
タバコは古くからある嗜好品であり、かつては新幹線内や学校・病院でも映画館でも、男性も女性もタバコを吸っていました。そういった経緯があるため、いっそう禁煙の徹底が難しいのかもしれません。
最後に医師から一言

今でも長期入院患者さんの多い精神病院や、死の迫っている患者さんの入院するホスピスでは、患者さんの貴重な楽しみとして喫煙を許可している場合もあります。今後の社会の在り方全体に関係する問題と思います。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)