おにぎりが原因の黄色ブドウ球菌による食中毒、ラップの表面を手で触れないよう注意

記事まとめ

  • おにぎりなど直接手で調理したものを中心に広がる食中毒は黄色ブドウ球菌が原因
  • ラップの表面を手で触れないよう注意、10度以下で保存すれば菌の増殖が減少する
  • 酢や食塩、梅干しを使用するのも、完全ではないが感染対策にはなるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております