「腸と肌は関係してるってホント?」腸の不調が肌に影響するメカニズム

「腸と肌は関係してるってホント?」腸の不調が肌に影響するメカニズム

「腸と肌は関係してるってホント?」腸の不調が肌に影響するメカニズムの画像

便秘をすると肌荒れを起こしたり、お化粧のノリがいまひとつ…というのは、多くの方が経験していることでしょう。

一見離れている腸と肌が、どのようなメカニズムで結びついているのか、医師に詳しい話を聞いてきました。
腸の働きとは
食べたものは食道を通って胃に達し、その後腸に到達します。胃の中で胃液と混ざり、消化しやすい形に変化した食物は、小腸に運ばれ、そこから多くの栄養素が吸収されます。

さらに大腸に運ばれ、水分と一部のビタミンは大腸からも吸収されます。
腸の不調が肌に影響するメカニズム
肌の栄養不足
栄養素は腸で吸収されるので、腸の調子が悪く栄養を吸収できない場合、全身に必要な栄養素が行き渡りません。
すると肌も栄養不足で乾燥し、カサカサしてきます。

あるいは、乾燥などを補おうとして反対に脂っぽくなり、吹き出物やニキビができやすくなったりします。

ターンオーバーへの影響
栄養不足だと肌の材料自体も不足して、新しい健康な肌が定期的に入れ替わるという「ターンオーバー」にも影響を及ぼします。

肝臓への負担
腸の働きが悪く便秘を起こすと、老廃物が長時間腸内にとどまることになって腸内細菌のバランスが変化し、いわゆる「善玉菌」が減少し「悪玉菌」が優位になります。
すると「悪玉菌」が出すガスが血液を介し、有害物質を解毒する肝臓に負担をかけます。

それが間接的に、肌の状態を悪化させてしまうことにもつながると考えられます。
腸内環境で期待できる肌の改善
腸内環境の改善で以下のような肌の変化が期待できます。

・乾燥の改善・予防
・肌にハリが出る
・ニキビや吹き出物の予防・改善

また、便秘や飲酒などの生活習慣で肝臓に非常に負担がかかっていた場合、腸内環境や生活習慣を改善することで、くすんでいた顔色が明るくなるという可能性も考えられます。
最後に医師から一言
お化粧品やスキンケアに気を使ってもなかなか改善しない肌トラブルにお悩みの方は、一度腸内環境に目を向けてみるといいでしょう。

思い当たるようでしたら、生活のサイクルを整えてみてはいかがでしょうか。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)