気温の寒暖差で「クーラー病(冷房病)」も 自律神経が乱れ、疲労感や肩こり等の症状

記事まとめ

  • 夏場は室内と室外で寒暖差が激しく、クーラー病(冷房病)と言われる症状が現れることも
  • 自律神経がバランスを崩し、夏バテも加わることで、頭痛などの体調不良を引き起す
  • 対策として、外気温との差を5度以内にする、下肢の筋肉を動かすことなどが挙げられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております