マツコ・デラックスさんを襲った“めまい” 隠れている病気とは?

マツコ・デラックスを襲った“めまい”の原因や、隠れている危険な病気を医師が解説

記事まとめ

  • マツコ・デラックスは三半規管にウイルスが入りめまいなどの症状が現れ入院したという
  • めまいについて、どんな原因や危険な病気が隠れているのかなど、医師に詳しく聞いた
  • 医学的にはめまいは、「回転性めまい」と「浮動性めまい」の2つを指すという

マツコ・デラックスさんを襲った“めまい” 隠れている病気とは?

マツコ・デラックスさんを襲った“めまい” 隠れている病気とは?

マツコ・デラックスさんを襲った“めまい” 隠れている病気とは?の画像

タレントのマツコ・デラックスさんが体調不良のため、11月10日に都内の病院に入院されたことが12日報じられました。三半規管にウイルスが入り、めまいなどのが症状が現れたということです。(参考)


今回は、マツコ・デラックスさんを襲った「めまい」について、どんな原因や危険な病気が隠れているのかなど、医師に詳しくお話を伺ってきました。






めまいとは



めまいという言葉は広い意味で使用されており、起立性低血圧(いわゆる脳貧血)や不整脈発作を起こして立ちくらみがあり気が遠くなる感じも「めまい」と言いますし、気分がすぐれない・吐き気がする・熱が出てふらつくといった意味で使用されることもあります。


しかし医学的にはめまいは以下の2つを指し、病院を受診すればどちらなのかを質問されることになります。


回転性めまい
天井がぐるぐる回っているような感じ


浮動性めまい
地面がふわふわ揺れているような感じ




めまいの原因



めまいの原因は、体の位置感覚が異常になることです。体の位置は、目で見た情報や、耳の中にある三半規管という部位の情報が脳に伝わって把握されています。


その情報をもとに、体の位置を微調整する指令が大脳基底核や小脳から発せられます。このシステムのどこかに異常が生じると、体はじっとしているのにぐるぐる回っているように感じたり、地面が揺れているように感じます。


つまり原因は、目や耳、脳、そしてこれらをつなぐ神経のどこかということになります。



目がぐらぐら揺れる眼振という状態があると、景色が揺れて見えることがあります。



耳が原因のめまいでは、ぐるぐる回っているようなめまいが生じることが多いです。具体的には、以下の病気が原因として考えられます。


■ 良性発作性頭位めまい

三半規管のバランス感知器に異常が生じて起きます。


■ 前庭神経炎

三半規管の情報を脳に伝える前庭神経に異常が生じます。


■ メニエール病や外リンパ瘻

三半規管の中をめぐる水のバランスがおかしくなります。



脳が原因のめまいでは、脳梗塞・脳出血・脳腫瘍など様々な病気が、体のバランス感覚や位置補正を行う部位に起こります。


ストレス
ストレスや疲れすぎにより、様々なめまいが起こることもあります。


妊娠
妊娠によるつわりの症状として、めまいが起こることもあります。


その他
パニック障害、うつ病、低血糖症、貧血、甲状腺機能低下症、薬の副作用などが背景にある場合もあります。




めまいと一緒に起こりやすい症状



耳が原因の場合
片側の耳の聞こえにくさ、音がこもったり響くような感じがすることがあります。


脳や神経が原因の場合
意識低下があったり、飲み込みづらい・声がかすれるといった症状を伴うことがあります。




めまいの治療法



受診科目
めまいで何科を受診するべきかも難しいところですが、明らかなぐるぐるめまいなら耳鼻科へ、それ以外は神経内科か救急科が良いでしょう。


検査内容
めまいがいつどのような状況で起こったのかを詳しく聞きます。目を閉じてつま先を揃えて立っていられるかという検査や、目を閉じてその場で足踏みできるかという検査といった、体の位置感覚の検査も行います。


耳鼻科で聴力検査、鼓膜の観察などを行い、神経内科・脳外科ではMRIなどの画像検査を行います。


治療内容
耳が原因のめまいの中で、良性発作性頭位めまいは、頭の位置を動かす体操のようなことをすることで、三半規管の働きを正常に戻す試みをすることがあります。このめまいでは特定の方向に顔を向けるとめまいが起こるという特徴があります。


ただし、顔の向きによってめまいが起こる病気はこの良性発作性頭位めまいだけではなく、似た症状でも脳が原因の場合もあり注意が必要です




めまいの予防法



確実な予防法はありませんが、あえて言うならば、ストレスや過労・睡眠不足を避け、バランスの良い食事や軽い運動の習慣を持つことで、めまいを起こりにくくできるかもしれません。




最後に医師から一言



めまいが起こったら楽な姿勢で休み、急激に体を動かしたり立ち上がったりしないようにします。特に地面がふわふわ揺れるタイプのめまいで、横になって休んでもおさまらない場合は、脳が原因の場合もあり、素早い対応が必要な場合もあります。


(監修:Doctors Me 医師)

関連記事(外部サイト)