秋風邪予防のポイントは「温め」にあり!

秋風邪予防のポイントは「温め」にあり!

@DIME アットダイム

夏のムシムシした暑さも去り、秋の爽やかな空気を感じる今日この頃。この季節の変わり目こそ、気を抜きがちな時期だ。今年は猛暑の影響で秋バテ人口も増える見通し。たまった夏の疲れがどっと出て、体調を崩しやすく、風邪をひきやすい。そこで、保健師が教える秋風邪の特徴と予防策を参考にしてほしい。

■秋風邪の主な原因は夏の「免疫力低下」

秋に引く風邪は、夏の間の過ごし方によっても変わってくるようだ。保健師の高橋さなえさんは、秋風邪についてこう教える。

「秋風邪といっても、症状はほかの季節のものと変わりません。ただ、原因に特徴があります。秋風邪の原因は、体の冷えや自律神経の乱れにあるといわれています。体の冷え、とくに胃腸など内臓の冷えが起きやすいです。

秋は、夏の薄着や冷房、夏バテによる体調不良などによって、免疫が低下しています。そこへきて朝晩の寒暖差によって体温調節がうまくいかず、風邪を引きやすくなります」

■秋風邪予防のポイントは「温め」

もし今、夏の疲れを感じ、風邪を引きそうな人は、ぜひ次の予防策を意識して過ごそう。

「秋風邪を予防するには、とにかく体を温めることが大切です。食事、入浴、睡眠、運動と、あらゆる面で“温め”を意識しましょう」

●食事
「食事では、意識して温かい食べ物、飲み物を摂りましょう。」

【体を温める食べ物と飲み物の例】
にんじん・ごぼうなどの根菜類、長ネギ・しょうが・唐辛子、かぼちゃ、ニラ、鶏肉
しょうが湯、ほうじ茶、黒豆茶など

●入浴
「シャワーだけで済ませず、温かい湯船にゆっくり入り、体を芯から温めるようにしましょう」

【体を温める入浴のポイント】
・39〜40度のぬるま湯に15〜20分ほど浸かると副交感神経が優位になるため、血管が拡張し、芯から温まる
・風呂上がりは体を冷やさないように冷たい飲み物や冷房の下で過ごすのは避ける

●睡眠
「睡眠は、健康維持の基本です。睡眠不足になると、免疫力が下がり、風邪を引きやすくなります。とくに明け方は冷えるため、薄い布団を用意するなどして対策しましょう。」

【睡眠中の冷えを避けるコツ】
・寝る2時間ほど前にストレッチなどの軽めの運動で体温を上げる
・入浴は熱湯ではなくぬるま湯にする。熱湯は体の内部の温度を下げてしまう。
・入浴は寝る直前は避け、1〜2時間前くらいに。
・腹巻きもおすすめ。お腹を温めるだけで、全身が冷えから守られる。

●運動
「猛暑の夏や、寒い冬はなかなか屋外での運動がしにくいもの。秋こそ、運動を積極的に行なうチャンスです。楽しみながら行ないましょう」

【運動例】
・公園でウォーキング・ジョギング
・ウインドウショッピング
・通勤中の階段使い

夏の疲れがどっと出て、なんとなく「風邪ひきそうだな」と思ったら、ぜひ普段の生活で、「温め」を強く意識して、秋風邪を予防しよう。

(取材協力)
高橋 さなえさん
株式会社ドクタートラスト 保健師。モットーは、「いきいきと健康にはたらく人を増やすこと」。取引先数百社の健康アドバイザーとして従事。
http://doctor-trust.co.jp/

取材・文/石原亜香利

関連記事(外部サイト)