クリーニングのプロに聞く「夏服しまい洗い」のポイント

クリーニングのプロに聞く「夏服しまい洗い」のポイント

@DIME アットダイム

 気温も少しずつ下がり、この週末を利用して衣替えをしている、これからしようと思っている方も多いのではないだろうか。だが、衣類をいつまでもきれいに着るためには、衣替え前のケアが肝心だ。そんな人におすすめなのが、エステーが運営するサイト「くらしにプラス」で紹介している『クリーニングのプロに聞く 夏服「しまい洗い」のポイント』だ。ここでは、クリーニング綜合研究所所長の小野雅啓氏が、夏の汚れをしっかり落として収納する「しまい洗い」のポイントや収納のコツを解説しているので一部紹介したい。

■衣替えシーズンに押さえておきたい“しまい洗い”とは?

 去年のシャツを久しぶりに出したら、襟元の色が変わっていた……なんて経験、誰しも一度はあるのではないだろうか。黄ばみや虫食いを防ぎ、大切な衣類を長持ちさせるためには、汚れをしっかり落としてから収納する“しまい洗い”が大切だという。小野氏は“しまい洗い”の3つのポイントをこう解説する。

1.汗染みや皮脂汚れをケア

 夏服で気をつけたいのは、なんといっても汗や皮脂。時間が経てば経つほど落としにくくなり、黄ばみや虫食いの原因になってしまう。特にジャケットやスラックスなどの頻繁に洗えない衣類は、気づかない間に汗を吸着する。襟元や袖、ポケット口などのチェックを習慣づけたいところだ。

2.自宅での洗濯はすすぎに注意を

 家庭で洗う場合、粉石けんはすすぎが悪いと、黄ばみのもととなる可能性がある。また、お風呂の残り湯で洗うときも、すすぎにはきれいな水を使おう。

3.衣類はしっかり乾かしてからしまう

 衣類が湿気や水分を含んでいると、カビや黄ばみがさらに発生しやすくなってしまう。長期間衣類を保管する衣替えでは、洗濯やクリーニングのあとに陰干しなどで充分乾燥させてから収納しよう。衣装ケースなどの収納場所に除湿剤を使うのも効果的だ。

■シワや虫食いを防ぐ収納のコツ

 きちんと洗えた衣類も、適当に収納していては台無し。たんすやクローゼットに詰め込みすぎると、しわになったり、防虫成分が充分に行き渡らない。ポイントは、収納スペースに、余裕を持たせて衣類を入れること。重みで型崩れしてしまうニットなどはハンガーにかけず、たたんでしまおう。虫食い対策として防虫剤を、湿気・カビ対策に除湿剤を入れておくと、より安心だ。

◆関連情報

https://www.st-c.co.jp/plus/season/2015_10/

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)