プロドローンが2本のロボットアームをもつ直接作業型の大型ドローンを開発

プロドローンが2本のロボットアームをもつ直接作業型の大型ドローンを開発

@DIME アットダイム

プロドローンは、2本のドローン専用ロボットアームを装備した直接作業型大型ドローン『PD6B-AW-ARM』を開発。9月7日から9日まで米国ラスベガスで開催された産業用ドローン見本市「InterDrone2016」のPRODRONEブースにおいて参考展示された。

PRODRONEは、B2B企業として、これまで多くの産業用ドローン事業者からの開発依頼を受け、様々な産業用ドローンを開発してきた。産業用ドローン市場では、これまで主にドローンを使用して映像を撮影する、測量する、農薬を撒く、測定する等の作業が行なわれているが、昨今では、ドローンによる「直接的作業」を行なえるようになることが強く望まれている。直接的作業の例としては、アームで色々な形の物を掴んで運ぶ、設置する、ケーブルなどを切断する、繋ぐ、ダイヤルを回す、スイッチを押す・切り替える、浮き輪など救助具を投下する、危険物等を回収するなど、高所や遠距離、また人間が近づけない危険な場所においてドローン自体が直接実行できる様々な作業が挙げられる。

『PD6B-AW-ARM』はこれらの市場背景から開発された。『PD6B-AW-ARM』は、20kgという大きなペイロード(最大積載量)を持つ『PD6B-AW』を基本プラットフォームに、今回新たに独自開発した、これまでにないデザインかつ高機能の5軸ロボットアームを2本搭載。幅広い用途における直接的作業が可能。ロボットアームの最大耐荷重は約10kg、最大飛行時間は30分で長時間の作業にも対応する。

PRODRONE 河野雅一 代表取締役社長は、「PRODRONEはこれまで高安定、高安全、高機能の産業用ドローンを開発し、多くの産業用ドローン事業者の皆様から高いご評価を得てまいりました。産業用ドローン市場の未来を見据え、世界に先駆けて『直接作業型ドローン』を開発致しました。これまででは不可能であった様々な仕事がこの『PD6B-AW-ARM』で可能になります」とコメントしている。

関連情報

https://www.prodrone.jp/

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)