一度は行ってみたい!世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」入門

一度は行ってみたい!世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」入門

@DIME アットダイム

 南ドイツの一大都市、ミュンヘンで毎年9月下旬から10月上旬の約2週間開催される、世界最大のビールの祭典“オクトーバーフェスト”をご存知だろうか?

 オクトーバーフェストはドイツ各地で開催されるが、歴史、規模からいってこのミュンヘンの祭典が世界一であり、毎年各国から約600万人以上の人が訪れる。

■オクトーバーフェストの歴史

 ビール醸造のシーズン幕開けを祝うため、各地で開催されたお祭りが元来の“オクトーバーフェスト”であるが、現在の規模にまで発展したきっかけは、1810年10月、当時の皇太子ルートヴィヒと、ザクセン皇女が、テレンジエンヴィーゼという緑地で盛大な結婚式をあげ、多くのミュンヘン市民に祝福された。それに付随した競馬の開催の成功もあり国民的なお祝いとなったもの。

■そもそも、どんなお祭り?

 ビールを楽しむことが、このお祭りのメインイベントであることは間違いない。地元ミュンヘン市内の6大ブルワリー(醸造所)がそれぞれ巨大なビールテントを出店し、軒を連ねるテントで味わうビールは格別。
しかも、オクトーバーフェストのために特別に造られたビールを味わうことができるのだ。日本でも耳にする銘柄“レーベンブロイ” “ホフブロイ”なども出店、テント全体で700万リットルものビールが消費されるのだそう。

 ビールジョッキの大きさも半端ない。名物の1リットルジョッキ“マス”で飲むビールは気分を盛り上げる。1杯約10ユーロ前後と値段は手ごろだが、何杯飲めるか自信がない方もいるのでは。

 東京ドームの約9倍の広さをもつ会場は、入場無料。ビールを楽しむだけでなく、絶叫マシーンや市街を一望できる観覧車まで、巨大移動遊園地が出現。ビール好きはもちろん、あまりビールを飲まない人でも楽しむことができる。

名物料理屋台、ギフト屋台もあり、人々の笑顔や陽気な音楽であふれかえっており、散歩しているだけでとても楽しめる。

 もちろんこのお祭りには普通の格好で参加できるが、もっと気分を高めるために、女性は“ディアンデル”男性は“レダーホーゼ”の民族衣装で着飾ってみるのもいい。

■テントでビールを飲みたい方は予約がマスト!

 ビールテント内はいつでも満席状態。旅行客で、「せっかくオクトーバーフェストへ行ったのにビールを飲めずに帰ってきた」という声をよく耳にする。筆者は2012年にオクトーバーフェストへ参加したが、予約せずに行ったため、やっとの思いでビールテントへ入ることができた。

 平日の昼間は比較的空いていると聞いていたが、少々遅れて平日の夕方に行ったときは既に大勢の人で賑わっており、事前予約の人たちで、どのビールテントも満席になっていた。

 各テント前にはテープがひかれ、入場規制がなされているのだが、日本のように並んで入場するというわけではない。案内係の人へ「Two」や「One」と、叫ぶように人数を主張し、案内係がその中から指名してテントへ入れてもらえるといった、混沌とした状況だった。

 日本人のようにおとなしくしていて、はいつまでたっても中には入れない。なかには指名されていないのにも関わらず、まぎれて潜りこみ、つまみ出された人もいた。

 筆者はとにかく大声で叫び、指名されたのかはよくわからなかったが、潜りこんだらラッキーなことに入場でき、1リットルのジョッキと鶏の丸焼きをオーダーすることができた。

 必ずテントの中で楽しみたいという人は、事前に予約を。公式サイトから、または旅行代理店などで予約するといいだろう。
http://www.oktoberfest.de/en/

■ミュンヘン 6大ブルワリー(醸造所)はココ!

 ここで、ミュンヘンの6大醸造所について、簡単にご説明してみる。テント選びの参考になればと思う。

□アウグスティナー Augustiner
 1328年創立 ミュンヘン6大醸造所で最古。修道院の僧侶たちが作り始めたもので、一時は国営ビール醸造所だったこともある。19世紀初頭に民間人のヴァーグナー一族に買い取られ現在に至る。ミュンヘンビールの中で歴史が一番長く、定番中の定番。若者にも大人気である。

□レーベンブロイ L?wenbr?u
 1383年創立 ライオンのロゴで、日本でもお馴染みのブランド。オクトーバーフェストでしか味わえない“ヴィーゼンビア”というアルコール度数の低い琥珀色のビールが楽しめるのも、現地だけの特典。

□シュパーテン Spaten
 1397年創立 創業から470年も経た1867年、ついにミュンヘン最大の醸造所となった。そして1922年フランツィスカーナー醸造所も継ぎ、2004年にはブラジルの醸造所と合併。世界最大のビールメーカーである。

□ハッカープショール Hacker-Pschorr
 1417年創立 “ハッカー”と“プショール”というふたつの醸造所が、18世紀末に合併して誕生。それ以来ふたつの銘柄のビールを造っている老舗醸造所。オクトーバーフェストでのテントやパレードの馬車もそれぞれの銘柄に分かれている。

□ホフブロイ Hofbr?u
 1589年創立 バイエルン王室御用達の醸造所。ビール純粋令(「ビールは麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」と定めたもの)を制定したヴィルヘルム4世によって造られた醸造所。それだけに由緒あるブランドで、日本でも有名。

□パウラナー Paulaner
 1634年創立 ミュンヘン6大醸造所のうちで最も若い。パオラの聖フランシスコの僧侶によって設立された醸造所。フェストに出しているテント数はシュパーテンと同じ最大の3つ。オクトーバーフェストで売り上げNo.1を記録している醸造所でもある。

■日本各地でも“オクトーバーフェスト”を開催

 本場ミュンヘンのオクトーバーフェストもいいが、まずは日本各地のフェストを楽しんでみるのもいいだろう。ビールの旨さを楽しむも良し。陽気な雰囲気を楽しむも良し。ビールを飲んで大いに盛り上がろうではないか。

□お台場 9月30日(金)〜10月10日(月・祝)
 会場:ジンボルプロムナード公園 セントラル広場
http://www.oktober-fest.jp/

文/花澤御金

関連記事(外部サイト)