新米の季節到来!好きなごはんのお供ランキング

新米の季節到来!好きなごはんのお供ランキング

@DIME アットダイム

昨今、食の多様化による日本人の「コメ離れ」が進んできている。農林水産省が平成27年に発表した資料によると、1人当たりの年間消費量は昭和37年度をピークに減少傾向にあり、37年度118kgの米を消費していたのが、平成25年度には、その半分程度の57kgにまで減少しているという。今回、リンナイは新米シーズンに向けて、ごはんの魅力や炊飯に関する課題などを探るべく、リンナイ公式部品販売サイト「R.STYLE(リンナイスタイル)」会員の男女5651名を対象に、炊飯に関する意識調査を実施した。

■最もよく食べる主食はごはんが89.4%、続いてパンが6.6%

最もよく食べる主食を調査したところ、“ごはん(お米)”が89.4%、パンが6.6%と“ごはん(お米)”が圧倒的に多い結果になった。また、食べる頻度と炊く頻度を聞いたところ、1日1回以上の人が多く、「ごはん(お米)を毎日食べる人」は89.6%、「ごはんを毎日炊く人」は60.5%という結果になった。併せて、“ごはん(お米)”を食べる頻度が高くなる季節を伺ったところ、「秋」・「冬」が最も多い結果となり、これからのシーズンさらに“ごはん(お米)”の需要が高まることがわかった。

■新米を選ぶ基準は“銘柄”と“産地”

新米シーズン到来にあわせて、新米を購入する際の選定基準を伺ったところ、「銘柄」「産地」が45%程度で最も高くなるという結果になった。また、地域別で結果を見てみると、関東・近畿以外の地域(特に東北地方・北海道地方)は、「地元でとれたもの」の値が高いという結果になった。東北地方・北海道地方は地元米への愛が強いということがわかった。

■購入したい銘柄1位は“コシヒカリ”、2位“あきたこまち”

新米購入時に選びたい銘柄を伺ったところ、1位「コシヒカリ」(69.5%)、2位「あきたこまち」(41.7%)と全国的に知度の高い銘柄が上位に挙がった。また、地域別に見てみると、北海道地方は「ゆめぴりか」、「ななつぼし」、東北地方は「ひとめぼれ」、「つや姫」、九州・沖縄地方は「夢つくし」、「ヒノヒカリ」などが上位に挙がっており、居住地域の銘柄を選ぶ人が多い傾向にあることがわかった。

■好きなごはんのお供ランキング1位は“納豆”、2位“たらこ・明太子”、3位“海苔”、4位“漬物”

好きなごはんのお供を伺ったところ、「納豆」「たらこ・明太子」「焼き海苔・味付け海苔」「漬物」が50%以上と上位に挙がった。

「ごはんのお供」人気ランキングを地域別で見たところ、北海道地方・東北地方は「いくら・すじこ」、「とろろ芋」、近畿地方・中国地方・四国地方は「漬物」、「焼き海苔・味付け海苔」、九州・沖縄地方は「たらこ・明太子」など、地域の特産物が人気の傾向である事がわかった。また、一番人気の「納豆」では、東北地方、北海道地方、関東地方は60%以上で1位に挙がっているが、四国地方に関しては、37.5%と低く、地域によって大きな差があることがわかった。

また、年代別に見たところ、全年代、納豆がダントツ人気の中、60代以上は「漬物」が上位、20代以下、30代は「鮭フレーク」、「ふりかけ」などが好きな人が多く、年代によって好みが違うことが判明した。また、意外にも20代以下のランキング8位に「いくら・すじこ」がランクイン。大人な若者が多数いることがわかった。

【調査概要】
調査時期:2016年7月15日(金)〜31日(日)
実施機関:リンナイ公式部品販売サイト「R.STYLE(リンナイスタイル)」
実施方法:インターネット調査
調査対象:5651名(R.STYLE会員)うち、ごはんを炊く人は5288名

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)