乗り換え検討中のiPhoneユーザーの4人に1人が「SIMフリースマホを検討」

乗り換え検討中のiPhoneユーザーの4人に1人が「SIMフリースマホを検討」

@DIME アットダイム

ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」による『スマホ乗り換えに関する実態調査』の結果を発表した。この調査はスマートフォンを所有する全国の20歳〜69歳の男女1076名を対象としている。

■乗り換え検討中のiPhoneユーザーの4人に1人が、SIMフリー(MVNO)を検討

今後3か月以内にスマートフォンの乗り換え(機種変更を含む)を検討している人のうち、「3大キャリア(NTTドコモ/ソフトバンク/au)からその他の事業者(MVNO)に乗り換えを検討している」人は24.2%だった。一方、「キャリアを変える予定はない」と答えた人は64.1%、「MVNOから3大キャリアへの乗り換えを検討している」と答えた人は4.8%だった。

■最近、乗り換えをしたiPhoneユーザーの約3割が、SIMフリー(MVNO)に

直近3か月以内に乗り換え(機種変更を含む)を行なったiPhoneユーザーのうち、26.4%が「3大キャリアからMVNOに乗り換えた」ことがわかった。一方、「キャリアは変えなかった」人は55.6%、「MVNOから3大キャリアに乗り換えた」人は8.3%だった。

■スマートフォンの乗り換えを行なわない理由は、半数近くが「2年縛り」

今後3か月間以内に、スマートフォンの乗り換え(機種変更を含む)を行なう予定がない人にその理由を聞いたところ、「2年縛りなどの制約があるから」と答えた人が48.6%で最も多く、次いで「現在の端末に満足しているから」(37.4%)、「手続きが面倒くさいから」(21.8%)だった。※複数回答あり。

■2年縛りを理由に乗り換えない人の3人に2人が、「2年縛りを後悔か不満」

現在、2年縛りで契約をしているため、今後3ヶ月はスマートフォンは乗り換えない(機種変更を含む)と答えた人のうち、「2年縛りで契約したことを正直、後悔している」人は7.0%、「2年縛りで契約したことを後悔まではしていないが、不満に思う」人は54.7%だった。

【調査概要】
調査期間:2016年8月26日(金)〜8月29日(月)
調査対象:スマートフォンを所有する全国の20歳〜69歳の男女1076名

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)