多くの人が泳げないバタフライ、実は一番簡単でラクな泳法だった?

多くの人が泳げないバタフライ、実は一番簡単でラクな泳法だった?

@DIME アットダイム

 不動産情報サイトのアットホームが運営する「at home VOX」ではクロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの代表的な4泳法のうち、どれが泳げる人が多いのか、全国の20〜50代の男女500人にアンケート調査を実施。調査の結果、どの泳法で泳げるかを聞いたところ、クロール、平泳ぎ、背泳ぎは5割以上の人が「泳げる」と答えている一方で、バタフライはたったの「22.2%」という結果になったという。確かにバタフライは学校ではあまり教わらないし、難しいイメージだ。

 しかし、それとは逆に「バタフライは簡単」と主張するのが、元競泳選手で、現在はトレーナーとして活動している花村育彦さん。花村さんは『水泳で一番カンタンなのはバタフライ』などの著作を執筆しているが、同サイトでも「日本人がバタフライを泳げない理由は、ズバリ『一番難しい泳法』だとすり込まれているため」だと解説している。

「学校教育の場合、まず教えるのは『海でおぼれた場合に陸までたどり着くための泳ぎ』なので、スピードのあるクロールや呼吸の楽な背泳ぎ、水の抵抗が大きく身体が浮かび上がりやすい平泳ぎが優先的になります。スイミングスクールでも、クロールや背泳ぎをマスターした後に教えることがほとんどです。そのため、『バタフライは難しいのだ』とすり込まれ、挑戦する人も少なく泳げる人が少ないのでしょう。確かにスピードを問われる『競泳のバタフライ』は難しいです。一般の方はもちろん、レッスンコーチや個人メドレーの代表選手レベルでも苦手な人はいます。しかし、スピードを問わないバタフライは非常に簡単で、しかも呼吸も楽な泳法なんです」(花村さん/「at home vox」より)

 バタフライが一番簡単、ということだが、一体どういうことだろうか?

「バタフライは元々平泳ぎから派生しています。20世紀前半に『両手・両足を対称に動かす』新しい泳ぎ方として生まれました。人間は左右の手足をバラバラに動かすよりも、左右対称に動かす方が得意なので、実はクロールや背泳ぎよりもスムーズに動きを身につけることができます。また、平泳ぎよりも足の動かし方は単純です。そのため、競泳のようにスピードを追求するのでなければ、バタフライは誰でも習得できる『簡単な泳法』なのです」」(花村さん/「at home vox」より)

 たしかに、両手で「グー」と「パー」を速く繰り返してみると、左右対称に動かすことは簡単なのに比べて、左右非対称に動かすとだんだんズレてくるのがわかる。

「バタフライを泳げるようになりたいのなら、苦手意識を持たずに挑戦してみてください。大きな動きが求められると思われがちですが、実際は『お辞儀』するように身体を曲げれば深く潜れて、『うがい』のように軽くアゴを上げれば顔は浮かび上がります。この動きは他の泳法よりも簡単で、呼吸も楽。しかも、クロールや背泳ぎよりも見栄えもいいです(笑)。バタフライが泳げれば、より水泳が楽しめるようになるはずですよ!」(花村さん/「at home vox」より)

 ちなみに、花村さんによると、バタフライは平泳ぎの一種で、下半身は平泳ぎのまま、上半身の動きを平泳ぎ、または現在のバタフライの形から選べるというものだったという。1956年のメルボルン五輪で正式種目になって競技として独立し、両足を上下に動かすキックが解禁になると、長沢選手が『ドルフィンキック』で世界記録を更新。パイオニアとして世界から注目され、現在のバタフライの源流となったそうだ。4つの泳法のなかでも最も新しいバタフライだが、その完成には、日本人の活躍があったというわけだ。

 苦手意識を持っていた人も、一度、バタフライに挑戦してみては?

■花村育彦さん
掛川ボディデザインスタジオ・リセット代表。著書に『水泳を習わなくても本当は誰でも泳げる』『水泳で一番カンタンなのはバタフライ』(ともにインプレス)など。

関連記事(外部サイト)