自分の家を“パワースポット”に変える方法

自分の家を“パワースポット”に変える方法

@DIME アットダイム

『自分の家をパワースポットに変える最強のルール46』(小学館刊)は、家はパワースポットであるべきという前提の下、家づくりや家選びをスピリチュアルな視点から考察して充実した人生を送れるようにアドバイスした一冊である。著者はスピリチュアリストの江原啓之氏。住人が家をつくるばかりでなく、家も住人の人生にさまざまな影響を与えると説く。

 スピリチュアルの視点のみならず、現実的な問題の対処法も盛り込んだ。自分の家を持つために懸命に働き、家や不動産業者に関する知識を増やし、住宅ローンの仕組みや法律について学び、数えきれない物件を見学してプロに負けない見極めができるようになった著者の経験をフルに活用している。

 注意すべきは、本書は不動産や建築の専門書ではなく、家づくりをスピリチュアリズムに鑑みて説いた人生指南書であること。良い結果を得るには、自ら勉強して必要な知識を獲得するという努力が不可欠だ、と強調する。

■家選びに失敗しない3つの心得

 まず第1章で紹介されているのが、引っ越したいと思ったときに心得ておきたいルール。そのうちの1つ、「ルール4 家選びに失敗しない3つの心得」では、「人任せにしない」「人に依存しない」「必要経費をケチらない」を挙げている。著者はここで、エナジーバランスを意識することを説く。これはどういうことか?

「振り子に例えれば、良いことがあれば振り子は正へと大きく振れます。けれど、同じだけ負のほうにも振れてします。このように人生には振り子の法則が働いているのです。(中略)家選びで言えば、物件について学び、徹底的に調査するという努力が負。その努力を惜しまなければ、入居後には快適な暮らしが待っているということです」(第1章25ページより)

 著者が住宅取得には努力が不可欠だと主張している点と、この3つの心得は符合する。「人任せにしない」「人に依存しない」は、不動産業者の言われるままに決めたり、物件探しを不動産業者に任せっきりにするようなことはしないということ。「必要経費をケチらない」ということは、安さに目がくらむことなく建築士に欠陥住宅かどうかの調査を依頼する、といったこと。家選びのためには手間ひまを惜しまず、能動的に動けるかが問われていることになる。

 しかし、「人任せにしない」「人に依存しない」というのは自律した大人に成長するための心得、「必要経費をケチらない」というのは人間関係を円滑にするための心得にもなるのではないだろうか? こう考えれば、家はやはり人生に影響を与えるものであり、第一歩となる家選びで横着することなど、もってのほかということになる。

■植物を見れば、その家のエナジーがわかる

 次の第2章では、実際に家を借りる、買う、建てるときに心得たいことを紹介。主に悪しきエナジーを避けることにいて触れているが、良いエナジーを見極める方法についても言及している。それは、「ルール19 植物を見れば、その家のエナジーがわかる」。著者によれば、庭にある植物や家の前に植えられた植物、マンションのエントランスやロビーに置かれた観葉植物などの植木を見れば、その家が良いエナジーに満ちているかどうかが一目瞭然だという。

「活き活きとしているなら、その家は『気』が良く、暮らす人の精神面や肉体面をサポートしてくれるでしょう。けれど植物が枯れていたら要注意。枯れた植物は、その土地や建物にエナジーがない証拠です。逆に家族の中に大きな悲しみを抱えていたり、体調を損なっている人がいると、室内の観葉植物や切り花が弱った人にエナジーを与えた分、急速に枯れてしまうという現象が起こりがち。このように植物は、人間のネガティブな波長に敏感に反応するのです」(第2章58ページより)

 同時に著者は、植物を日々の生活に取り入れることも推奨。家電製品などによって磁場に満ちた現代人の生活空間に植物を置くことで、イライラや鬱々といった乱れた心を整える効果が期待できるという。家に限らず、オフィスでも観葉植物を置くケースが珍しくないが、これは環境を整えるだけでなく社員の心を整えるという意味でも効果的だということになる。目には見えないが、植物の力は私たちが生活する上で、頼りにしたいものである。

■お金が貯まる家=コミュニケーションのある家

 そして本書のユニークなところが、住む人を幸せにする家のつくり方を悩み別に解説した特別編の存在である。悩みとは、恋愛・結婚、子供の教育、夫の浮気、仕事、お金、人間関係、など。家のつくり方というと、間取りや方位といったテクニカルな内容を想像してしまいがちだが、ここで語られていることは、そういうことよりもむしろ家での暮らし方。どういう暮らしをすれば悩みから解放されるか、ということを、スピリチュアルな視点から説いている。

 例えば、「仕事がうまく回る家」について著者は、

「働き手を立てるだけでなく、さまざまな悩みを打ち明けることのできる信頼関係を培っておくことこそが仕事に対する意欲と直結しています。家は箱にすぎません。家という空間を心と体を癒すことのできる魔法の箱にできるかどうかは住人の心がけ次第なのです」(特別編133ページより)

 と説く。では、著者が言う住人の心がけとは何か? それは、働き手のモチベーションを高める感謝の言葉だ。仕事から帰ってきたら、「ご苦労様でした」「今日も一日お疲れ様でした」と労い、会社に送り出すときに「今日も一日、頑張って!」と伝える。

 また、「お金に困らない家」では、「お金が貯まる家=コミュニケーションのある家」と解説する。著者によれば、

「お金の縁は人の縁。人との縁を繋ぐために食事を振る舞うなど、生き金を使うという発想こそがお金に困らずに生きて行くコツだと言えるでしょう。消費を抑えるためには、家族間で家計をオープンにし、今月はあといくらしかないと危機感を共有すること。その上で、コレは生活必需品だけれど、コレは我が家にとっては贅沢品だと話し合うことも必要でしょう」(特別編135ページより)

 という考えが、「お金が貯まる家=コミュニケーションのある家」の根拠になっている。とはいえ、結婚して子供ができ小遣い制となると、自由に使えるお金が少なくなってしまいがち。人との縁をつなぐために使うといっても余裕がないのが現実だろう。しかし、そうだとしても、「自分のために使ったお金は返ってこない、人のために使ったお金は回るということを覚えておきましょう」(特別編135ページより)という言葉は肝に銘じておきたい。

 そして、これも本書のユニークな点だが、メッセージ付き「家内安全」護符シールが付属。観音経の一節である「念彼觀音力(ねんぴかんのんりき)」と印刷され、家に貼り災いから家を守るのに使える。また、シールを剥がすと、その下から現在必要なメッセージが現れる。果たしてどんなメッセージが現れるか? これを楽しみにするのもいいだろう。

■関連情報

『自分の家をパワースポットに変える最強のルール46』
小学館刊/江原啓之著
1200円+税
http://www.amazon.co.jp/dp/409388420X

文/大澤裕司

関連記事(外部サイト)