松川地熱発電所稼働から50年!10月8日は「地熱発電の日」に

松川地熱発電所稼働から50年!10月8日は「地熱発電の日」に

@DIME アットダイム

JOGMEC(=独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構)は、日本地熱協会、電気事業連合会とともに10月8日を「地熱発電の日」と制定した。本年10月8日は、国内初の商用地熱発電所である松川地熱発電所(写真・下)が昭和41年に運転を開始して、ちょうど50年にあたる記念の年でもある。

 

松川地熱発電所の概要
所在地/岩手県八幡平市松尾寄木
認可出力/2万3500kW
運転開始日/昭和41年10月8日
参考/一般社団法人日本機会学会から2016年度機械遺産として認定

JOGMECは、日本の商用地熱発電の歴史が半世紀を迎えることを記念し、日本地熱協会、電気事業連合会とともに一般社団法人日本記念日協会に10月8日を「地熱発電の日」として認定登録申請していたが、このたび審査に合格し認定登録が決定。登録証の授与式は、JOGMECが岩手県八幡平市で9月16日に開催した「地熱シンポジウムin八幡平」の中で執り行なわれた。

JOGMECは、今回の制定に伴い、日本地熱協会など地熱開発に関係する行政・企業・団体等と協力しながら、今後10月8日の「地熱発電の日」やその時期に地熱理解活動のイベントを恒例行事として開催。国民の地熱発電に対する認知・理解を進め、地熱開発の促進に努めていく。

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)