旅行に持参してよかったもの、持っていかずに困ったもの

旅行に持参してよかったもの、持っていかずに困ったもの

@DIME アットダイム

日本政府観光局の発表によれば、2016年8月期の訪日外国人数は前月比12.8%増の204万9000人と、8月としては過去最高を記録した。このように、とかく話題となる外国人旅行者だが、対する日本人の国内、海外を含めた長期旅行はどのような状況なのか。

インターワイヤードが運営するネットリサーチのDIMSDRIVEは、「長期旅行」についてアンケートを行ない、長期旅行の行先や目的、準備などについてまとめた。調査は2016年7月22日〜8月5日にかけて実施。DIMSDRIVEモニター4148人から回答を得た。

■5年以内に長期旅行に行った人は、35.7%

5年以内に長期旅行に行った人は35.7%。3人に1人程度の人が「行った」という結果に。

■長期旅行をした人の3割が『夏季休暇』を利用

『季節』で見ると、春・夏・秋は、ほぼ同等の数値で35%前後。冬は数値が下がり、2割程度という結果に。

■長期旅行の行先、国内1位は「北海道」18.4%。海外ではやっぱり「ハワイ」が人気

■長期旅行の目的、「配偶者・パートナーと時間を過ごす」43.8%が最多

長期旅行の目的1位は「配偶者・パートナーと時間を過ごす」43.8%。次いで「家族で時間をすごす」30.4%、「世界遺産・名所巡り」21.5%と続く。1位2位は「だれかと時間を共有する」目的がランクインした結果となった。反面、「ひとり旅をする」も18.1%で6位にランクイン。「自分ひとりの時間」を求める人も少なくない。その他自由回答では、「乗り鉄」や「郵便局めぐり」などの趣味目的の意見も。

<年代別>
年代別にみると、全体で1位の「配偶者・パートナーと時間をすごす」は60代以上で5割を超え、他の年代よりも数値が高め。
全体2位の「家族で時間を過ごす」は40代の数値が高く40%。
全体3位の「世界遺産・名所巡り」は60代以上で数値が高くなり、3割弱。
全体5位の「友人と時間を過ごす」は20代で3割を超える。

年齢により、旅行の目的に変化があることが伺える。結婚・出産・退職などによるライフステージの変化に影響されると推察される。

■旅行先で初恋も・・・・印象に残っている旅行先・場所など、思い出エピソード

様々な場所の“自然”や“都市”の景観に感動したというエピソードが多く挙がった。また、「旅行先で初恋をした」という、ドラマのようなエピソードも。非日常での経験は、印象深いものになるようだ。

■長期旅行の準備は「本人」85.2%。「配偶者・パートナー」も4割程度

■長期旅行の準備は「1週間以上前から」が6割と多数

長期旅行の準備は「1週間以上前」からするとういう人が6割。長期旅行の準備は時間をかけて行う人が多いようだ。

■長期旅行には「歯ブラシ、歯磨き粉」「雨具」「薬」は必需品。「除菌ティッシュ」も3割超

上記旅行の持参品、1位は「歯ブラシ、歯磨き粉」で62.1%。次いで「雨具(折りたたみ傘、レインコート)」56.4%、「薬(かぜ薬、頭痛薬、胃腸薬など)」54.8%と続く。「除菌ティッシュ」も3割を超え、8位にランクイン。11位の「エコバック」も27.3%も3割弱。外出時の携帯アイテムとして定番になりつつあるようだ。

■「ハンガー」「インスタント味噌汁」「エコバック」など・・・・・おすすめの持参グッズ

旅行先によって役立つものは様々。自分で使用する便利グッズはもちろん、「持参して現地の人にプレゼントするとコミュニケーションが取れる」などの理由でおすすめというアイテムも。

■「ドレッシング」「ステーキソース」「虫よけグッズ」など・・・・・持参せず困ったもの

行先が海外の場合、旅行に持っていかずに困ったモノは「食事に関するもの」が比較的多く挙がっていた。特に、「調味料」や「味噌汁」を持っていかずに後悔したという意見が多数見られた。

■海外旅行には「日本のお土産持参」もアリかも?!・・・・長期旅行の準備にまつわるエピソード

長期旅行の準備にまつわるエピソードを尋ねると、役に立つ便利グッズの他、「海外旅行に持っていくと現地の人に喜ばれるもの」が多く挙げられた。日本ならではのグッズ(日本茶、かつおぶし、折り紙、せんべいなど)を持参し現地の人にプレゼントするとコミュニケーションがとれるという。現地の人とふれあいたい人は「日本のお土産」は有効アイテムかも?

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)