需要が高まる「マイクロインフルエンサー」の平均報酬額はいくら?

需要が高まる「マイクロインフルエンサー」の平均報酬額はいくら?

@DIME アットダイム

内外の著名人やセレブたちが、InstagramやTwitterといったSNSを開設すると、まず話題となるのがフォロワー数。彼らのように、時に100万人単位のフォロワーを持つユーザーをインフルエンサーと呼ぶ。これに対し、フォロワー数が10万以下レベルの、いわゆるマイクロインフルエンサーが注目を集めているという。

LIDDELLが運営する、個人の影響を企業が活用するインフルエンサープラットフォーム「SPIRIT」は、これまでに実施した案件を元に、インフルエンサーの報酬額についての調査データの一部を発表。今回の調査で、1000〜2万フォロワークラスのマイクロインフルエンサーの企業ニーズが増加傾向にあることがわかった。

■Instagramへの需要が拡大!Instagramが64%、Twitterが36%フォロワー数2万以下のマイクロインフルエンサーに依頼が殺到!

<InstagramとTwitterの案件比率>
企業からの依頼案件数からInstagramとTwitterの割合を算出した。2016年2月時点では、Twitterが72%と過半数を締めていたが、2016年8月には、Instagramを活用したいという要望が60%を超え、Twitterを上回った。Instagramの需要が拡大していることが伺える。

<企業が求めるフォロワー数とその割合>
また、企業がインフルエンサーマーケティングを実施する際に求めるフォロワー数は、1000〜2万フォロワーのクラスがInstagramで96%、Twitterで89%となり、マイクロインフルエンサーへの需要が多いことがわかる。

■マイクロインフルエンサーの平均報酬額はInstagram1万5597円、Twitter1万880円

<1案件あたりのマイクロインフルエンサーが獲得する平均報酬額とフォロワー数>
InstagramとTwitterについて、それぞれのフォロワーごとに報酬額の平均値をグラフ化し、その傾向を考察した。

<Instagramの報酬額について>
5000フォロワー以上になると急激に報酬額が上昇する。5000フォロワーから1万フォロワーまでは、報酬額の差が激しいが、それ以降はあまり大きな変動はなく1万〜2万フォロワーまで報酬額は然程変わらないということがわかる。

<5000フォロワー以下の案件の特徴>
5000フォロワー以下の案件では、イベントや商品などのハッシュタグ増加を目的とした投稿が求められる場合が多く、報酬額が低コストなことが見受けられる。

<1万フォロワー以上の案件の特徴>
1万フォロワーを超すマイクロインフルエンサーに対して、企業は世界観や個性を取り入れることでブランディングに活用している傾向が見受けられる。

<Twitterの報酬額について>
グラフでは、比較的一定の水準で報酬額が変動していることがわかる。シンプルにフォロワー数と報酬額が比例している。

<Twitter案件での企業からの要望>
ブランドサイトや商品購入ページへの誘導依頼が多く、投稿には画像とともに指定URLの添付が求められる。また、投稿内容に共感したフォロワーからのリツイートも期待されることから、プレゼントキャンペーンなどと組み合わせたケースが多く見受けられる。

<InstagramとTwitterの傾向を比較>
5000フォロワー以下では報酬の差は、あまり大きく見られなかったが、5000フォロワーを超えたところからInstagramの報酬額が大きく上昇した。この背景には、それぞれのSNSに求める企業のニーズが異なることが影響しており、認知訴求という点では共通しているが【Instagramはブランディング】【Twitterはプロモーション】が主なポイントになっている。

2万フォロワー以下の平均報酬額はInstagramが1万5597円、Twitterが1万880円となった。Instagramの平均報酬額が高いことから、インフルエンサーマーケティングにおいてはブランディング志向の企業が多いということが推測される。マイクロインフルエンサーの需要が高まってきており、益々個人が自身の影響を企業に提供する事が加速している。

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)