自転車の未来を体感できるサイクリストの祭典『サイクルモード2016』今年の見どころは?

自転車の未来を体感できるサイクリストの祭典『サイクルモード2016』今年の見どころは?

@DIME アットダイム

■連載/星野知大のBike&Run快体進書

日本最大級の展示&体験型・自転車イベント『サイクルモード インターナショナル2016』が、11月4日(金)から開幕。世界の人気スポーツ自転車ブランドのバイク&アイテムに加え、それらの自転車を楽しみ方に合わせてカスタムしたイメージバイクから、将来の日本人ビルダーの卵である自転車専門学校の学生が制作したオンリーワンの超オリジナルバイクまでが展示される。また、ロードバイクやトライアスロンバイク、さらに電動アシストバイクなどのスポーツ自転車400台以上が試乗可能な注目イベントだ。

■100万円オーバーの高級モデル&最新スポーツ電動アシストバイクの試乗も可能!

11月4日(金)〜11月6日(日)の3日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)にて開催される「サイクルモード インターナショナル2016」。世界各国の人気スポーツ自転車メーカーの新作バイクやパーツが一堂に会し、そのほとんどのバイクが試乗可能。試乗コースは館内に張り巡らされ、雨天時でも楽しく乗り比べることができる。

また、12回目を迎える今年は同イベント史上最大級のビックネームがゲストに登場! ツール・ド・フランス2012の覇者で、アワーレコード(単独走で1時間どれくらいの距離を走れるか競う競技)の現記録ホルダー、さらにオリンピック5つの金メダル・世界選手権8つの金メダルを持つ英国の英雄サー・ブラッドリー・ウィギンスが5日(土)に来場。トークショーや限定サイン会も実施され、アワーレコード用に用意された“ピナレロ ボリデHR”の実車も展示(予定)される。

さらに、昨年初実施され人気を博した同イベント内フェアinフェア「e-BIKE EXPO」「シックスホイール スタイル」「ジテンシャ×旅フェア」が今年も開催。いま注目のスポーツタイプの電動アシスト自転車の試乗や、クルマに自転車を載せて楽しむテクニック、さらに自転車に乗って世界&日本各地で「どこで・どんな」楽しみ方ができるかを知ることができるなど、買った後のサイクルライフの楽しさも満載だ。


大英帝国勲章も受章した英国が誇るトップアスリート、サー・ブラッドリー・ウィギンスがサイクルモードにやってくる!


ピナレロが専用開発し、ウィギンスがアワーレコードを達成した超TTマシン“ボリデHR”も展示される


グランツール連続出場&完走記録を持つアダム・ハンセンも来日し、トークショー&サイン会も実施!


ツール・ド・フランスやオリンピックなどで活躍を続ける日本を代表するトッププロ新城幸也も登場する

■今年も凄い!高級スポーツ自転車&最新アイテムも当たるプレゼントキャンペーン

会場内外で実施される主催者イベントも充実。ツール・ド・フランス2016の優勝ブランド“ピナレロ”のカーボンロードGANや、アメリカの人気ブランド“スペシャライズド”のロードバイク、美しいデザインが注目の電動アシスト自転車“BESV”の最新モデルなどの豪華賞品が並ぶプレゼントキャンペーンが今年も実施される。

屋外フィールドで実施されるレースイベントもパワーアップ。オフロードコースでの「弱虫ペダル STAR LIGHT CROSS」は土曜昼間〜夜までDJによる音楽とライトアップされた会場でシクロクロスレースが開催。この会場のみビールを片手に観戦を楽しむことができる(飲酒運転は厳禁)。さらに、日曜日には同オフロードコースがMTBやシクロクロスバイクの試乗用にオープン。思う存分、最新オフロードモデルを楽しめる。
また、会場までのサイクリングイベント「GREAT EARTH第3回サイクルモード・ライドサーカス」や「JBCF幕張新都心クリテリウム」も注目。「JBCF幕張新都心クリテリウム」では幕張メッセ北側の公道を使用した本格的なクリテリウムレースが実施される。

より高いレベルを求めるサイクリストには、スポーツ自転車界の人気コーチ&インストラクターなどが講師を務める「アスリートワークショップ」が用意されている。いま注目のパワートレーニングや、ボディケア法、ペダリングテクニック、トライアスロン講座など、様々な講義が土曜・日曜日の2日間にわたって実施される(有料・当日受付も可能)。


プレゼントアイテムは、高級ロードバイクから電動アシストバイク、周辺アイテムなど豪華!


「弱虫ペダル STAR LIGHT CROSS」は土曜日の朝から夜まで実施。日没後はライトアップされる


今年初めて公道を占有使用しての開催となる「JBCF幕張新都心クリテリウム」も注目だ


アスリートワークショップでは、昨年に続き欧州トッププロチームのマッサーとして活躍した経験を持つ中野喜文さんなど豪華講師陣が並ぶ

写真提供/サイクルモード インターナショナル事務局

文/星野知大

ほしの・ともひろ。前進スポーツ案内人。1976年東京生まれ。自転車・ランニング・水泳を中心に、日本&世界の“前に進む”スポーツの大会プロデュース・MCとして飛び回るスポーツナビゲーター&ライター。2015年から日本最大の自転車ショー“サイクルモード”のMC兼ディレクターを務め、東京都三宅島の観光まちづくりアドバイザーにも就任した経験も持つ。

■連載/星野知大のBike&Run快体進書

関連記事(外部サイト)