首都高横羽線と第三京浜を結ぶ横浜北線が来年3月に開通

首都高横羽線と第三京浜を結ぶ横浜北線が来年3月に開通

@DIME アットダイム

東京都区部とその周辺地域にある路線長322.5kmにおよぶ都市高速道路。まさに首都圏交通の大動脈といえるのが首都高速道路だ。そんな通称、首都高から「横浜北線(横羽線〜第三京浜)」の工事が進み、2017年3月に開通すると発表された。今回、横羽線および大黒線の生麦ジャンクション(JCT)から、新設される横浜港北JCTにより第三京浜道路まで接続する。

その概要としては、まず路線名は「高速神奈川7号横浜北線。開通区間は生麦JCT(横浜市鶴見区生麦)から横浜港北JCT(横浜市都筑区川向町)までの延長約8.2kmとなる。出入口は岸谷生麦(きしやなまむぎ)と新横浜(しんよこはま)。路線内の代表的な構造物では、まず横浜北トンネルが上げられる。これは延長約5.9kmのトンネルで、路線の約7割に及ぶ市内最長の道路トンネルとなる(横浜市神奈川区子安台〜港北区新羽町)。そして延長約0.2kmの大熊川トラス橋は、上下2層の単径間トラス橋としてチェックしておきたい(横浜市港北区新羽町〜都筑区川向町)。なお馬場出入口は、2017 年3月には開通しない。

 

路線の名称については、これまで、横浜環状北線として建設事業を進めてきたが、開通後の路線名は「高速神奈川7号横浜北線」となる。

関連情報

http://www.shutoko.jp/ss/kitasen/

文/編集部

関連記事(外部サイト)