勤務中の平均消費カロリーは「ランニング1時間」相当だった!

勤務中の平均消費カロリーは「ランニング1時間」相当だった!

@DIME アットダイム

 近年、ウォーキングやランニングは日常において気軽に取り入れられるスポーツとして人々のライフスタイルに定着してきている。また、7月に経済産業省が発表した「5月の特定サービス産業動態統計調査(確報)」によるとフィットネスクラブの売り上げが前年同月比で3.9%の伸びとなり、40か月連続で増加しているとの発表があった。

 運動に関するさまざまな専門業態が細分化されたことで、一人ひとりに合った運動を提供することが可能となり、日常における運動意識が高まっていると考えられる。株式会社クロス・マーケティングが、一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に在住する30代〜50代の男女1200人を対象に「ビジネスパーソンの運動に対する意識・実態調査」を実施したところ、勤務時の平均消費カロリーはランニング1時間分に相当することがわかった。また「今より運動量を増やしたい」という人は約6割と、ビジネスパーソンの運動意識に変化が見られることがわかった。

 調査の結果、ビジネスパーソンの91.9%が【運動は重要だと思う】(そう思う+ややそう思う)と回答。今後の運動意向としては【現在よりも運動量を増やしたい】と回答した人が全体では56.8%となり、ビジネスパーソンの運動意識が高まっていることが考えられる。

 ビジネスシーンでの運動意識では【意識している・計】(意識している+やや意識している)で23.2%と、現状ではビジネスパーソンの約4人に1人が運動意識を持っている。今後ビジネスシーンで運動を取り入れたいかの質問では【そう思う・計】(そう思う+ややそう思う)で41.5%と、運動意識の上昇に伴い、ビジネスシーンでも運動意識の高まりが見られる。また、ビジネスシーンで取り入れていることとしては、【エスカレーター・エレベーターではなく、階段を使う】が通勤時で46.4%、勤務時で53.8%とそれぞれトップになり、“階段”を使った運動が取り入れやすい傾向にあるとうかがえる。

 つくばウエルネスリサーチの調査・分析では、勤務時におけるビジネスパーソンの平均消費カロリーは概算で568.8kcalとなり、ランニング1時間分に相当する活動をしていることが判明した。

■ビジネスと運動(スポーツ)に関する分析(つくばウエルネスリサーチ)

今回の調査を受け、つくばウエルネスリサーチでは次のような分析を行なっている。

 30代、40代頃から「疲れが抜けない」「太って体型が崩れてきた」「肌のたるみ」が気になるようになり、50代、 60代ともなれば、体力の衰えを実感するようになり、病気や不調などのトラブルも多くなる傾向があります。年齢を重ねるごとに筋肉が減少して基礎代謝量が低下するため、若い頃と同じように食べていたら肥満や生活習慣病のリスクが高まります。適正体重・筋肉量を維持するためには運動習慣が不可欠です。

 今回のビジネスパーソンに対する調査では「エスカレーター、エレベーターではなく階段を使用する53.8%」「早歩きで歩く33.9%」「通勤中、電車では座らない10.9%」等の運動を勤務中に取り入れている人が多いという結果となりました。

 このように「スポーツをする時間はない」「スポーツはきらいだ」と思っている人でも、実は“カラダを動かすシーン”は多いのです。調査の結果、平均消費カロリーは568.8kcalで、これはランニング1時間分に相当します。ビジネスシーンを活発にすることによって健康の維持・増進が可能です。

 日常生活での運動を活発にする目安として、歩数でいえば、1日8,000〜1万歩、また、日常の歩数が足りない人でも、週に60分程度の汗ばむような運動をすることで、生活習慣病予防効果が得られます。

 ビジネスシーンでのシンプルな運動で筋肉量を維持することで、「体が疲れにくくなる」「太りにくい体になる」「肌がきれいになる」いつまでも若々しいビジネスパーソンとして活躍していただきたいです。

■調査概要
調査手法 : インターネットリサーチ
調査地域 : 一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)在住
調査対象 : 30〜59歳の男女、有職者(オフィスワークや販売業に携わる人/肉体労働系の従事者は除く)
調査期間 : 2015年7月3日〜7月5日
有効回答数: 1200サンプル

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)