ベトナムの看板フォントが縦長すぎる

ベトナムの看板フォントが縦長すぎる

ベトナムの看板は文字が縦長にめいっぱい伸ばされている。どういうことなんだこれは。

いきなりタイトルと関係ないっぽい話になるのだが、日本でのTwitter人気は世界においても高いらしい。
日本人の性に合っていたということもあるんだろうけど、日本語は文字数に対して情報量が大きいということもデカイ。140字という字数にいろいろ意味を込められる。ある研究によると、1文字あたりの情報量は中国語に次いで二番目なんだそうだ。対するベトナム語は圏外(27位以下)とのこと。
ここで話が変わるようで戻ってくるので聞いてほしい。
ある日、「ベトナム語の看板が縦長すぎる」ということに気づいた。

続きはデイリーポータルZで