暴走族も静かになる? 「伝説のすた丼屋」に本当にあった“伝説”

暴走族も静かになる? 「伝説のすた丼屋」に本当にあった“伝説”

すた丼(並)

 10月1日、午前10時。JR国分寺駅から歩いてすぐのところにある、やや古めかしいビルの前には長蛇の列ができていた。時間を追うごとに列は長さを増していき、開店時間の11時直前になると、列はビルのまわりをぐるりと一周するほどの長さになった。この日、列の先頭に並んでいた50代の男性は、「朝7時半から並んでいます。今朝の始発で来ました」と話す。列の先にあるのは、丼チェーン店「伝説のすた丼屋」(以下、すた丼屋)だ。

 丼もののチェーン店であるすた丼屋は、豚肉にニンニクのきいたタレをからめた丼に、生卵を落とした「すた丼」が看板メニュー。濃いめの味とボリュームで、男子学生やサラリーマンなどから支持を得ている。

 そんなすた丼屋が今年45周年を迎えるということで、この日、国分寺店限定で通常630円(並)のすた丼を100円(1000杯限定)で振る舞うイベントを実施。冒頭の行列は、100円すた丼を求めての行列だった。

 今はチェーン店として関東を中心に多数の都府県で展開、最近では海外にも出店しているすた丼屋だが、はじめはひとりの男性が始めたラーメン屋だった。当時の店主が従業員に「安くてうまいものを腹いっぱい食べてほしい」という思いで作った「まかない」が、すた丼の“原型”だった。このまかない丼がうまいと常連客の間で噂になり、いつしかメインの商品になっていったという。

 実はこのラーメン屋時代の店に、なかなかインパクトのあるエピソードが残されている。「伝説のすた丼屋」が“伝説”と掲げる理由も、ここから見えてくる。

 すた丼屋の前身である「サッポロラーメン 国立店」は、1971年、東京都国立市にオープンした。当時の店主は橋本省三氏。この人物がなかなかパンチが効いていた。元ボクサーだった橋本氏は、関東大会で3位になった経験もある腕っぷしの強さ。従業員からは「オヤジ」の愛称で親しまれていたという。

 現在、すた丼屋を運営するアントワークスの早川秀人代表取締役も、当時は従業員として「オヤジ」を慕ったひとりだ。オヤジと早川氏は20歳ほど年が離れていたが、オヤジは従業員ら“若い衆”が好きで、いつも彼らと同じ目線で遊んでいたという。当時を知る同社広報は、次のように振り返る。

「オヤジは店の営業が終わると、残っている社員やアルバイトとビールを飲み始め、ほぼ毎晩、飲んでいました。多い時は10人くらいが集まって、朝まで飲むこともあって、そんなときには翌朝出勤してきた従業員に追い出されることもあったようです。そんな時は近くのファミリーレストランで朝食を食べるところまで、オヤジは付き合っていたそうです」

 オヤジの面倒見の良さを感じさせる話だ。さらに、やんちゃさがうかがえるこんなエピソードもある。

「雪の日には、四輪駆動車に中華鍋をつないでソリにしてレースをしたりもしていたようです」

 そんなノリがいいところも、若者に魅力的に映ったのだろう。オヤジに憧れて、やんちゃな若者や苦学生が従業員として集まってくるようになった。こうして店にはオヤジを筆頭にやんちゃな面々が揃うわけだから、店内も自然、そんな雰囲気になる。

「当時の店は、人として筋が通っていないような、気に入らない客は叩き出してOKという雰囲気でした。『いただきます』『ごちそうさま』を言う、残さず食べるなど、客は客としての筋を通すべきという考えでした。お客さまは神様などという概念はなく『うちは旨いすた丼を出す、客はそれを味わいそれに代金を支払う』、ただそれだけの場所でした」

 そんな荒っぽい雰囲気もあった店内では、時には「(閉店する)深夜3時過ぎに店裏の公園に顔出せ」といったやりとりをすることもあったという。実は当時、「暴走族も店の前ではバイクのエンジンを切って押して歩く」という都市伝説のようなエピソードも残されているのだが、この店の様子を聞くとうなずける。

 オヤジは50歳の若さで亡くなったが、その後、早川氏が「オヤジのすた丼の味を日本中のより多くの人に知ってほしい」と考え、店舗を全国展開。フランチャイズ化もすすめ、現在は74店舗にまで数を増やしている。

 実は100円キャンペーンを行ったこの日、厨房では代表取締役である早川氏自身が鍋をふるっていた。店先にはすた丼屋の前身である「サッポロラーメン」ののれんがかけられ、店内にはその当時にも流れていたであろう、1980年代の歌謡曲が流された。限りなく「元祖」に近い雰囲気が再現されていた。ちなみに、100円キャンペーンに関しては「完全に赤字です(笑)」と同社広報。それでも気前よく振る舞ってしまうところも、当時のオヤジの心意気を受け継いでいるようだ。

 こうしたルーツを知ったうえで食べてみると、すた丼にもまた違った味わいが出てくるかもしれない。(文・横田 泉)

関連記事(外部サイト)