なかなか聞けない介護に関するいろいろな悩み 専門家に聞いてみた!

なかなか聞けない介護に関するいろいろな悩み 専門家に聞いてみた!

ホームにもいろいろな場所があります。不安な点は正直に伝えれば、相手の力量がわかることもあります(※イメージ写真)

 介護もさまざまです。立場によって悩みも多岐にわたるため、なかなか相談しづらいという人も多いでしょう。そこで、週刊朝日ムック『高齢者ホーム2017』に掲載した、「有料老人ホーム・介護情報館」館長の中村寿美子さんの「介護のお悩み相談室」を特別に公開。中村さんにさまざまな悩みに回答いただきました。

*  *  *
【お悩み その1】同居している母が入浴したがらない(57歳女性)
 一緒に暮らす80歳の母が、もう3週間近くお風呂に入っていません。娘の私が入浴するように言っても聞き入れないので、孫たちに言わせてみました。それでも「私は大丈夫だから、あなたたちが先に入りなさい」と言うばかりです。どうしたらお風呂に入ってくれるでしょうか。

【回答】
 昔はお風呂好きだったという人でも、高齢になると入浴を嫌がるケースがあります。老人ホームでも、「お風呂に入りましょう」と熱心に誘う職員に、もっともらしい理由を考えて断る入居者の姿はおなじみの光景です。

 入浴には心身の清潔を保つだけでなく、健康・安眠・リラックス効果などもあります。ですからぜひ入ってもらいたいのですが、高齢者にとって入浴は、体力を消耗する重労働なのです。さらに、過去に入浴中に気分が悪くなったり、転んだりといった怖い体験をすると、それが入りたくないという思いにつながるようです。

 まずは、入浴が安心できて心地よいものであると、お母さまに感じてもらうのが一番でしょう。お母さまの好きな香りのせっけんや入浴剤を用意するとか、脱衣所で声をかけながら見守ってあげれば、「お風呂で何かあったらどうしよう」という不安が解消されます。

 また、浴室の環境を整えるのも一つの方法です。段差をなくす、手すりをつける、お風呂用の椅子を置く、すべりにくい床材にする、などが考えられます。自治体によってはこうしたリフォームに補助金制度を設けているところもあります。

【お悩み その2】骨折してから母の元気がなくなった(60歳女性)
 早い段階から自宅をリフォームし、健康に気を配ってきた母(83)が転んで骨折しました。入院してからはすっかり元気がなく、出された食事を取ろうともしません。「死にたい」とまで言う母にどう接するのがよいのでしょうか?

【回答】
「年を取ったら転ぶな、風邪ひくな……」といわれるように、高齢者の骨折は寝たきりにつながることがあります。お母さまは人一倍健康に留意されてきた人だけに、落胆が大きいのだと思います。

 また、娘に迷惑を掛けている自分が申し訳ないという気持ちもあるのでしょう。この先、リハビリなどで状況がよくなる見込みがあるなら、「歩けるようになったら家に帰ろう」とか、「温泉に行こう」という目標を考えてあげてはどうでしょうか。さらにあなたが頻繁に顔を見せるだけでも、自分のことを大切に思ってくれる人が身近にいるという安心感につながり、心の支えになるはずです。

 病院にかかれば元の状態に戻るのが当たり前だった若いころと、83歳の今とでは違います。自分の老いを受け入れるのは簡単ではありませんが、「開き直る」ことによって違った心境になることもあるようです。ただ、「老人性うつ病」や「認知症」が考えられるケースもありますので、その場合は専門医に相談することをおすすめします。

【お悩み その3】後見人が信用できない(50歳女性)
 認知症の伯母が老人ホームに入りました。身の回りの世話をしてきたのは私ですが、ホームを決めたのは成年後見人の弁護士です。伯母の入ったホームはあまりにも安っぽくて、これまでの伯母の生活を考えると似つかわしくないところです。もう少し環境のよいホームに移してあげたいのですが、可能でしょうか。後見人に連絡しても、忙しいのか取り合ってもらえず、不信感が募るばかりです。

【回答】
 成年後見制度は、認知症などで判断能力が不十分な人に代わって、家庭裁判所から選任された後見人が財産管理や介護サービスの利用契約などを行う仕組みです。ホーム入居の契約手続きだけでなく、日々のお金の管理や支払いの代行も後見人の仕事です。いくら身内とはいえ、あなたが勝手に伯母さまをほかのホームに移すことはできません。

 後見人と連絡が取り合えて、納得できる説明がなされるのがいちばんですが、それができないとなれば不信感を抱いても仕方ありません。まずは後見人の審判をした家庭裁判所に電話で問い合わせてみることです。裁判所は多くの人が利用するので、詳しいことは書面でも提出するのがよいようです(記録にも残ります)。

 認知症高齢者の増加に伴い、成年後見制度の利用者は増えていますが、その一方で、後見人をめぐるトラブルも数多く報道されています。こういった社会情勢を踏まえて、家庭裁判所や弁護士会のほうでも対策を強化しているはずです。

 制度に詳しい人に話を聞くことから始めてください。

【お悩み その4】一人暮らしの母 片付けができない(58歳女性)
 広い一軒家に80歳の母が一人で暮らしています。整理整頓に厳しい父が亡くなってからは、訪ねるたびに家の中に物が増えています。私の顔を見ると「片付けなきゃね」と言う母ですが、大して気にしているふうでもありません。私が片付けてもよいものでしょうか。

【回答】
 ここ数年、片付けに関する本が続々出版され、人生の終わりに備える「終活」でも生前整理が話題です。その多くが片付けのノウハウだけでなく生き方そのものを説いているように、片付けに関しては、本人がその気にならなければ意味がありません。あなたが処分したところで、また元に戻るのは目に見えています。

 とはいえ、物があふれる室内では、心身ともに良いことはありません。安全で快適な生活のために物を減らすということをわかってもらい、根気よく一緒に取り組むことです。

 物のない時代に育った親世代は、捨てることに罪悪感があるもの。なかなか捨てられないものは、いったんあなたが引き取るということで納得してもらうのもよいでしょう。また、寄付やリサイクルに出すというのは、意外と心理的ハードルが低いようです。あまり時間をかけられないなら、小さいサイズの住宅に住み替えてもらうのも一つの手です。

 ただし、これまでとは明らかに違う散らかり具合で、賞味期限の切れた食材が大量にあったり、同じものばかり買い込んだりしている場合は、要注意です。自覚症状や病識がなくても、認知症が進んでいることもあります。

※週刊朝日ムック『高齢者ホーム2017』

関連記事(外部サイト)