本格料理から手軽な家庭料理まで! 豆のルーツを辿りながら楽しむ、世界中の豆料理

本格料理から手軽な家庭料理まで! 豆のルーツを辿りながら楽しむ、世界中の豆料理

『世界の豆料理:中東、アフリカ、米大陸、ヨーロッパ、アジアの郷土色あふれる120のレシピ』(誠文堂新光社)

 レシピのみならず、豆のルーツをたどりながら、世界各国の豆を使った伝統料理や家庭料理を紹介する『世界の豆料理:中東、アフリカ、米大陸、ヨーロッパ、アジアの郷土色あふれる120のレシピ』が、2016年10月7日(金)に発売された。

 同書は、現地の味そのままの本格的な料理から簡単に作れる家庭料理まで、バラエティに富んだ豆料理が満載。いずれも乾燥豆を使った料理のため、季節を問わず、通販や各国の食材店で現地の豆を入手して、旅する気分で料理を作ることができるだろう。

 また、東京近郊で人気の各国料理店や専門店のシェフによる各国の豆料理のレシピを美しい写真とともに掲載。今まで紹介されることの少なかった中東の料理も網羅した、豆を使った料理全108レシピを紹介している。

 料理の他にも、豆の伝播の歴史や豆図鑑など豆に関するさまざまな情報を網羅。古今東西の豆にまつわるこぼれ話や、メキシコ、イタリア、インド、ミャンマーなど“豆食い”の国の現地レポートも充実している。知られざる豆大国ミャンマーのトーフ村や、その場で豆を豆粉に挽いてくれるインドの豆事情まで、豆にまつわる各国の食文化まで知ることができる。

 豆は、穀物と並ぶ最も古い農作物。エジプトのツタンカーメン王の墓からはえんどう豆が、紀元前5500年頃のトルコの遺跡からはレンズ豆が見つかっているそうだ。中東では、紀元前7000〜6000年頃からえんどう豆、レンズ豆、ひよこ豆が、紀元前3500年頃にはそら豆が作られ、地中海地域を中心に広まった。モロッコやスペイン、ポルトガルの豆料理には、アラブ料理を源とするものが多くある。メキシコではいんげん豆が紀元前5000〜4500年頃から作られ、大航海時代にコロンブスたちによってスペインに渡り、そのおいしさからヨーロッパをはじめ世界各国へと広がっていく。

 アフリカを起源とするささげ種の黒目豆は、大航海時代以前はヨーロッパで食され、大航海時代には奴隷貿易とともに新大陸に渡った。大航海時代は、アフリカ、ヨーロッパ、新大陸の豆料理が影響を与え合った時代でもある。中国を起源とする大豆は、主に発酵食品の原料として利用され、アジア各国で独自の発酵食文化を育んできたのだ。

※掲載内容は変更になる場合があります。

関連記事(外部サイト)