イタい女は◯◯に執着してる!? 神崎恵に学ぶ「最強の恋に落ちて人生を好転させる」言葉とは?

イタい女は◯◯に執着してる!? 神崎恵に学ぶ「最強の恋に落ちて人生を好転させる」言葉とは?

『読むたびに可愛くなれる最強の恋に落ちる魔法の言葉』(神崎恵/扶桑社)

 現在、美容雑誌やコスメ関連サイトをはじめ、多くのメディアで活躍し、著書累計は90万部を突破という人気美容家の神崎恵さん。独自の美容法と自身の体験に基づくポジティブな発想が、20〜30代を中心とした美容好き女子に絶大な人気を博しています。2014年に話題となった同名単行本。今回、新たに撮りおろしフォトや最新ワードを多数収録したコンパクトサイズのお宝本『読むたびに可愛くなれる最強の恋に落ちる魔法の言葉』(神崎恵/扶桑社)が発売されました。最高の恋に落ちるお守りとしてバッグに入れて持ち歩きたくなる女子も多いとか!?

 奇跡のアラフォーと言われるほど、透明感のある美しい肌と、ゆるふわの雰囲気が人気の神崎さんですが、 “ひとりひとりに合わせたメイクやライフスタイルを提案する”ことをモットーに、メイクレッスンや、個別カウンセリングするアトリエを主宰しています。

 まさに自分の力で運命を引き寄せた神崎さんですがが、その人生を好転させるポジティブな発想から生まれた「魔法の言葉」とは、どのようなものなのでしょうか。

「女の美醜は裏に出る」
肩、背中、肘、腰、お尻、腿裏、年齢も、自分放置も、裏を見れば一目瞭然。

「若見え」より断然「年齢不詳」な女がいい
数ばかりにとらわれていると必ずイタくなる。数への執着をやめたとき、年齢を軽くこえる可愛さとキレイさとゆるっとしたまろみが宿る。
本書【Chapter1】Beauty 美人の要素 より引用

 本章では、美人の定義を48のワードで綴っていますが、言葉だけでは不可解なことも、解説を読むと納得できます。中にはちょっと耳のイタい言葉も…美人は自分の心がけ次第でつくることができると力説したワードが並びます。つまり「美人風に見せる」という技が必要なのです。

「自分を知っている女は無敵」
「自分のブス」なところを味にする。それくらい自分を知り、策略をねれる女が心にくっつくいい女。

「凄みが出たらおしまい」
いくつになっても可愛げのある女でいたい。
本書【Chapter2】Popular モテのバランス より引用

 本章では「モテ」の秘訣を32の言葉で綴っています。自分のブスなところ=コンプレックスを受け止め、味にしてしまう、そんな軽やかさが「モテ」には大切で、さらに言葉を選ぶセンスも必要だそう。

「コスメと恋は信じた者勝ち」
コスメは「このコは絶対、わたしをキレイにしてくれる」と信じて使いたい。そう思いながら使うと効果が格段に違うから不思議。

「綺麗って、錯覚の積み重ね」
メイクって錯覚させること。
本書【Chapter4】 Cosme コスメの魔法 より引用

 まさに神崎さんの真骨頂! 魔法でキレイになりたい女子に向けた37の金言が…。コスメの達人だからこそ発せられる深い言葉たち。もう一度あきらめずにちゃんとコスメと向き合って美を意識してみようという気持ちにさせられます。

 この他、「恋の温度」「香りの罠」「パーツの精度」「キモチの変換」と7つの章を収録。なぜこれほど神崎氏が支持されるのか、その理由に美容の仕事と人生を重ね合わせ、気負わず自然体なところが、多くの読者に共感を呼んでいるのではないでしょうか? チャンスは待っているだけでは掴めないし、運命は自分自身で切り開くもの。「なりたい自分」への挑戦は、本書に綴られた数々の魔法の言葉をフル活用すれば、きっと自己最高値を高めていけるはず。これからも多くの女性の美のサポートをする神崎さんの活動に注目です。

文=藤本雪奈

関連記事(外部サイト)