奈良美智が約5年間撮りためたフィルム、六本木で個展も開催中【ShelfオススメBOOK】

奈良美智が約5年間撮りためたフィルム、六本木で個展も開催中【ShelfオススメBOOK】

奈良美智が約5年間撮りためたフィルム、六本木で個展も開催中【ShelfオススメBOOK】の画像

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京都渋谷区神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介します。




■『days 2014-2018: Sixteen springs and sixteen summers gone―Take your time, it won’t be long now』奈良美智

作品としての発表を前提とせず、見過ごされてしまうような風景や生命の価値を心に留めるように写真に収めることは、奈良にとって自身の感性を記録し鍛錬する行為であり続けた。

それら記録と記憶の集積は、制作における深い内省と対話に寄り添うように、巡る季節の中に点在する無数の瞬間を捉えていく。

様々な風土、音楽、生命、歴史、風景、人々を撮影した写真群には、作家が走り続けてきた軌跡とその視線が無垢なイメージとして表出する。

フィルムからデジタル、そしてiPhoneへ、折々の自身にとって最も身近なカメラで直感的に撮影された被写体は、各々が常に等価に扱われ、無意識のうちに繋がり合い、独特の世界観を提示する。

そこに通底する、戻ろうとしても戻れない時間の後ろに広がる記憶としての原風景、幼年期特有の自我の在り方や個人的な世界への憧憬は、培われた感性を通じ、やがて新たな故郷を探す旅へと繋がっていく。奈良の眼差しは、個人の経験が時を、場所を遡り、世界のより根源的な在り方へと個を円環させてゆく様を見つめているようだ。

本書は、奈良美智が2014年から約5年間にわたり撮影した写真の個展の展覧会カタログ。





展覧会は8月10日まで、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて開催中。


【書籍情報】
『days 2014-2018: Sixteen springs and sixteen summers gone―Take your time, it won’t be long now』
作品:奈良美智
出版社:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
言語:日本語、英語
ソフトカバー/204ページ/190×190mm
発刊:2018年
価格:5,000円
■Shelfオフィシャルサイトで『days 2014-2018: Sixteen springs and sixteen summers gone―Take your time, it won’t be long now』を購入する

【イベント情報】
奈良美智 「Sixteen springs and sixteen summers gone?Take your time, it won’t be long now」
会場:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル2階
会期:7月7日〜8月10日

関連記事(外部サイト)