資生堂パーラーで真夏のパフェフェア! 桃やいちじく、りんごがたっぷりのった期間限定パフェ

資生堂パーラーで真夏のパフェフェア! 桃やいちじく、りんごがたっぷりのった期間限定パフェ

資生堂パーラーで真夏のパフェフェア! 桃やいちじく、りんごがたっぷりのった期間限定パフェの画像

資生堂パーラーでは、「2018 真夏のパフェフェア」を開催中。銀座本店 サロン・ド・カフェでは8月1日から31日まで、サロン・ド・カフェ ラゾーナ川崎店では8月1日から9月30日まで、それぞれ素材の美味しさにこだわった新作パフェが登場する。

銀座本店 サロン・ド・カフェ「2018 真夏のパフェフェア」
資生堂パーラー恒例のパフェフェア。銀座本店 サロン・ド・カフェでは、カットの仕方を工夫し、食感も楽しめるように仕立てた、いちじく、マンゴー、黄金桃と白桃のパフェが8月限定で登場。「国産 黄金桃と白桃のオリエンタルパフェ」(税込1,980円)は、ジューシーな国産の黄金桃と白桃のコンポートに抹茶アイスクリームを合わせたオリエンタルな仕上がりのパフェ。桃はその時に一番旬な産地のものを使用し、いちごソースがアクセントに。昭和35年頃に誕生した資生堂パーラーオリジナルパフェで、レトロ感も楽しめる。

「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ」(税込 2,160円)
旬のいちじくをフレッシュのまま贅沢に楽しめるようにこだわって仕立てた「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ」(税込2,160円)は、ロゼワインのコンポート、ソース、シャーベット、チュイールなど、丸ごといちじくを感じられる。真夏を感じる情熱的な赤いパフェは、いちじくとりんごのジュレがアクセントに。

「沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ」(税込2,580円)
太陽の恵みをいっぱいに浴びて育った沖縄県産のマンゴーを贅沢に使い、カットの仕方を変えることで食感も楽しめるよう盛り付けた「沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ」(税込2,580円)は、トロピカルな自家製マンゴーシャーベットとエキゾチックソース、ミルクアイスクリーム、クランベリーソースで真夏を感じられる一品。濃厚なコクを味わえる一番美味しい旬のもので提供するため、8月中旬からはキーツマンゴーで登場予定。

さらに、7月に引き続き、長野県信州畑工房にある資生堂パーラー専用ハウスで採れた「夏秋いちご“恋姫”のストロベリーパフェ(通常版 / 低糖質版)」(税込1,890円)も用意。パフェが4種類そろう圧巻の期間も、ここでしか味わえない華やかなパフェで、銀座の夏が満喫できる。

サロン・ド・カフェ ラゾーナ川崎店「2018 真夏のパフェフェア」
サロン・ド・カフェ ラゾーナ川崎店の8月・9月限定、店舗オリジナルの新作パフェは、オレンジが爽やかな大人の味わいの「オランジュとアプリコットのパフェ ムースコアントローとフレーズ・デ・ボアのコンフィ」(税込1,620円)、黒糖・玄米茶・和三盆で仕立てた和風パフェ「黒糖のムースショコラ 玄米茶アイスクリームと和三盆のクレームシャンティ」(税込1,620円)、夏苺“恋姫”の甘酸っぱい味わいにココナッツを合わせたキュートなレディパフェ「長野県産 夏苺『恋姫』とココナッツ風味のクレームシブースト ハチミツ風味のパンドジェーヌとダンテルを添えて」(税込1,620円)の3種類。

「黒糖のムースショコラ 玄米茶アイスクリームと和三盆のクレームシャンティ」(税込1,620円)
素材の美味しさと組み合わせの楽しさを存分に感じてもらいたいという想いのもと、グラスの底までこだわり、見た目も印象的なパフェに仕上げられている。夏休みの思い出のひと幕を、涼しげで目にも鮮やかなパフェで彩ってみては。

【イベント情報】
2018 真夏のパフェフェア(第2弾)
会期:8月1日〜8月31日
会場:資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階
時間:火〜土曜日11:30〜21:00(L.O.20:30)、日曜日・祝日11:30〜20:00(L.O.19:30)

2018 真夏のパフェフェア
会期:8月1日〜9月30日
会場:資生堂パーラー サロン・ド・カフェ ラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ2階
時間:10:00〜21:00(L.O.20:30)※軽食・サンドウィッチ(L.O.20:15)