ドリス ヴァン ノッテンが青山店と伊勢丹メンズで世界10店舗限定のナイロンコートを発売

ドリス ヴァン ノッテンが青山店と伊勢丹メンズで世界10店舗限定のナイロンコートを発売

ドリス ヴァン ノッテンが青山店と伊勢丹メンズで世界10店舗限定のナイロンコートを発売の画像

ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)は、2018-19年秋冬メンズコレクションでショーのフィナーレを飾ったマーブルプリントのナイロンコートを青山の旗艦店と伊勢丹新宿店メンズ館にて、8月8日から数量・期間限定で発売する。
青山店限定マーブルプリント・ナイロンコート(18万2,000円)/ Tommy Ton
世界の10店舗のみで発売される限定マーブルプリント・ナイロンコート(青山店限定モデル 18万2,000円、伊勢丹新宿店メンズ館限定モデル 18万8,000円)は、店頭での秋冬コレクションのスタートを祝い、店舗ごとにそれぞれ異なる色使いのペーパーマーブリング、10パターンのデザインにて展開される。

通常は本の内側の紙などに用いられるマーブリングの伝統的な技法、エブル(Ebru)。テキスタイルや服に使われることは知られる限りで初めての試みであり、伝統とテクノロジーが融合することを意味する。この技法は、油性塗料を水面に散らし、紙に写し取ることで様々なモチーフを創りだしていくもの。
伊勢丹新宿店メンズ館限定マーブルプリント・ナイロンコート(18万8,000円)/Tommy Ton
ドリス ヴァン ノッテンのデザインチームは時間をかけ、テキスタイルにこの技法を用いるという挑戦に協力してくれる熟練した職人を探し出し、マーブリングの知識を共有。ロンドンにある職人のアトリエに数日間滞在し、300点もの特別な作品が創り出された。色鮮やかで強烈なマーブルプリントの数々が不協和音のようにぶつかり合い、重なり合ったショーのフィナーレは、300点のマーブリングのサンプルが一同にアトリエの床に並べられた際に生まれたアイディア。

アントワープ限定マーブルプリント・ナイロンコート/Tommy Ton
なお、限定コートはアントワープ、パリ、そして東京・青山のドリス ヴァン ノッテン旗艦店、伊勢丹新宿店メンズ館、ニューヨーク(Barneys)、ロンドン(Harvey Nichols)、モスクワ(Le Form)、香港(Lane Crawford)、シンガポール(Club 21)など世界各都市のコーナーやショップにて発売。さらに、Mr Porterのオンラインにて8月より購入が可能となる。