無印良品 有楽町にて茶の新しい嗜み方を提案するイベントを開催、丸若裕俊によるワークショップやトークも

無印良品 有楽町にて茶の新しい嗜み方を提案するイベントを開催、丸若裕俊によるワークショップやトークも

無印良品 有楽町にて茶の新しい嗜み方を提案するイベントを開催、丸若裕俊によるワークショップやトークもの画像

無印良品 有楽町の店内にある ATELIER MUJI にて『「LINK TO LIFE」茶のある風景』展が、9月7日から10月7日まで開催される。


同展では、生活の中で愉しみ味わう日本茶の可能性を拡張する提案として、“茶のある風景”を切り取ったアーティストによる写真の展示とともに、畑から世界市場を生む茶葉ブランド「EN TEA」を手掛け、日々の暮らしに新しい茶の嗜みを提案している丸若裕俊を招き、ワークショップやギャラリートーク、テイスティングなどのイベントを開催する。

9月9日と12日に行われる漢方と茶をブレンドするワークショップ「EN TEA × 漢方ワークショップ」では、漢方と茶がどのように身体に働きかけるのかを学び、仕上がった茶葉はティーバッグにして持ち帰ることができる。また、9月28日〜30日には「EN TEA × 北欧 Sing Tehus ワークショップ」を開催。デンマークのコペンハーゲンにて、自身でハーブを育てながらブレンドを手がけるティーブランド「Sing Tehus」の主宰者であるMatteさんを招き、様々なブレンドティーをテイスティングしながら、北欧の暮らしと茶のある生活についてのトークを展開する。

9月8日には、丸若裕俊自ら展示会のコンセプトである「『LINK TO LIFE』茶のある風景」について語るギャラリートークを開催。会期中の9月15日から17日、22・23日の14時から15時半まで、アートと茶の新鮮な嗜み方を紹介する「テイスティングタイム」を実施。展示している写真にあわせた茶が会場にて振舞われる。
各イベントの予約や詳細は、公式サイト(http://www.muji.com/jp/events/ateliermuji/)にてチェックできる。

丸若は、次のようにコメントを寄せている。
「豊かな時間を、茶を飲みながら過ごすのでは無く、茶を飲む限られた時間を、豊かだ。と思える心を持つこと。古の人々は、その節に合わせた掛け軸を眺めながら茶を飲み、掛け軸の世界とのマリアージュに思いを馳せていた。しかしながら、今を生きる多くの人々は、そんな時間は過ごしてみたいけれども、ゆとりのある生活は出来ないと、諦めてしまっていないだろうか。同展では、古の人々が掛け軸と茶の間に見出した時間の体験を、アーティストによる美しい写真と、私たちが誠実に向き合い作る茶、そしてみなさんがここで出逢うことで、茶のある時を刻んでいただきたい。」

毎日の暮らしに潤いや刺激をもたらす「茶のある風景」を体感してみては。

【イベント情報】
LINK TO LIFE 茶のある風景
会期:9月7日〜10月7日 ※店舗休館の場合はそれに準じる。
会場:無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
住所:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
時間:10:00〜21:00
料金:無料

EN TEA × 漢方 ワークショップ
日時:9月9日(14:00〜15:30)/ 9月12日(19:00〜20:30)※受付は30分前から
料金:4,500円 ※各回定員10名・要事前予約
対象年齢は中学生以上(中学生以下は保護者同伴で参加可能)

EN TEA × 北欧 Sing Tehus ワークショップ
日時:9月28日(19:00〜23:00) / 9月29日・30日(14:00〜15:30)※受付は30分前から
料金:3,500円 ※各回定員15名・要事前予約
対象年齢は小学生以上(中学生以下は保護者同伴で参加可能)

丸若裕俊 ギャラリートーク
日程:9月8日
時間:14:00〜15:30
料金:無料 ※定員35名・要事前予約
対象年齢は小学生以上