中川政七商店主催、全国各地から46の工芸メーカーが集結する展示会「大日本市」が寺田倉庫で開催中

中川政七商店主催、全国各地から46の工芸メーカーが集結する展示会「大日本市」が寺田倉庫で開催中

中川政七商店主催、全国各地から46の工芸メーカーが集結する展示会「大日本市」が寺田倉庫で開催中の画像

奈良の老舗・中川政七商店が、日本各地の工芸メーカーによる合同展示会「大日本市」を、8月29日から31日の3日間、東京・天王洲アイルの寺田倉庫 B&C HALLにて開催中。


「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、全国に51店舗の直営店を展開し、コンサルティングや流通サポートなど事業を拡大してきた中川政七商店。同展は、全国の工芸メーカーに小売店バイヤーとの商談の場を提供することにより、販路を大きく拡げ、産地をけん引するブランドへ成長することを目指してスタートした。

今年2月に合同展示会として規模を拡大し、前回開催時には約2,000名が来場。コンセプトは、「出でよ産地の一番星。作り手たちの登竜門」。第2回目を迎える今回は、北は岩手から南は宮崎まで、“工芸の衣・食・住”にまつわる全46ブランドが一堂に会す。

「Bocchi」
工芸の“衣”として、宮城県加美町の自社工場で熟練の職人が編む、手しごとならではの柔らかく優しい肌触りが特徴の「白田のカシミヤ」や、遊びの“センス”を加えた“扇子”を中心に、古くから伝わる技術を現代の暮らしに合わせた商品を提案する、滋賀県の近江八幡で400年続く老舗「西川庄六商店」などが出展。

工芸の“食”では、大工道具の製造を通じて培った精緻な技術と理念を活かして作られたキッチンツールブランド「DYK」の他、千葉県房総半島で丹精込めて育てた落花生で作る、なめらかな舌触りのピーナッツペースト「Bocchi」など、工芸産地を盛り上げる食品メーカーが10ブランド登場する。

薫玉堂

工芸の“住”には、土づくりから始め、有機肥料で栽培し、国産カモミールにこだわって肌と自然に優しい製法を守り続ける長野県のスキンケアブランド「華密恋」、安土桃山時代の文禄三年に京都西本願寺前に創業した日本最古の御香調進所であり、石鹸やポプリなど、現代の生活に寄り添った香りを提案する「薫玉堂」などが出展。

作り手による実演や各産地の郷土菓子でのおもてなしなども行われる同展で、全国の産地をめぐるように日本のものづくりとの出会いを体験してみては。

【イベント情報】
第2回 合同展示会「大日本市」
会期:8月29日〜8月31日
会場:寺田倉庫 B&C HALL
住所:東京都品川区東品川2-1-3
時間:10:00〜16:00(30日は18:00まで)