アディダス スペツィアルが再登場、2018秋冬のアパレルとフットウェア全16モデルを発売!

アディダス  スペツィアルが再登場、2018秋冬のアパレルとフットウェア全16モデルを発売!

アディダス スペツィアルが再登場、2018秋冬のアパレルとフットウェア全16モデルを発売!の画像

アディダス オリジナルス(adidas Originals)から、現代的なサウンドシステムのサブカルチャーとアシッドハウスミュージックからインスパイアされたコレクション「アディダス スペツィアル(adidas SPEZIAL)」が、2018年秋冬シーズンに再び登場。9月7日より発売される。


同コレクションでは、アシッド・ハウスの音楽カルチャーにおける30年目の節目を祝して、80年代に起きたウェアハウスパーティーのムーヴメントや、そのレガシーが21世紀のサウンドシステムによってどのように引き継がれているかに焦点を当てる。モダンなサウンドシステムのサブカルチャーと、初期のアシッドハウスにおける共通項からインスパイアされ、ファッションと音楽がいかにして世界に影響を与え続けているのか、アディダスがその中でいかに重要な存在であり続けているのかを示している。

「LOTON JACKET」DM1360(3万5,000円)
アパレルには、計8点が登場。グラフィックTシャツや、ヘリテージからインスパイアされたフットウエアとアクセサリーに採用されているカラーパレットは、2018年春夏の昨シーズンに続き、鮮やかで寒い季節にぴったりのラインアップ。

「MOD TREFOIL CREW」(1万5,000円)は秋冬らしいカラーでアップデートされ、リバーシブルで着用可能な「CARNFORTH PUFFA」(4万5,000円)は、アウターのラインアップにカラフルさを加えている。アディダスの80年代後半のアーカイブからインスピレーションを受けた「LOTON JACKET」(3万5,000円)は、クライマストーム素材により現代的な機能を搭載、「AIGBURTH ANORAK」(2万4,000円)は、軽量かつパッカブルな仕様となっている。

アイコニックな「Beckenbauer」をベースとした「HARPURHEY TRACK TOP」(1万7,000円)と「HARPURHEY TRACK PANTS」(1万6,000円)は、「GRAPHIC LS TEE」(7,990円)、「GRAPHIC SS TEE」(5,990円)と共に、アシッドウィンターのストーリーを反映したグラフィックがあしらわれている。

「INDOOR COMP SPZL」B41820(1万5,000円)
フットウェアは、9月7日に5モデル、9月21日に3モデルの合計8モデルが登場。

9月7日に発売されるのは、象徴的なマラソン大会をルーツとした新しいハイブリッドモデルとして登場する「LOWERTREE SPZL」(1万5,000円)、80年代の「Gazelle」のカラーパレットであるライムグリーンと、クラシックなブルーの2カラーで展開する「MUNCHEN SUPER SPZL」(1万3,000円)、アディダスのアーカイブより採用したカラーパレットを纏った「INDOOR COMP SPZL」(1万5,000円)、「Freizeit」をルーツにした、全く新しいスペツィアルのハイブリッドなレジャーシューズ「Punstock SPZL」(1万6,000円)。

9月21日には、女性らしい美学とパステルカラーを取り入れた「ZX 452 SPZL」(1万6,000円)、クラシックな「Gazelle Indoor」のデザインを採用した「MALLISON SPZL」(1万3,000円)の他、「WILSY SPZL」(1万2,000円)が発売される。

主要取扱店舗は、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウと、アディダス オンラインショップ。