Zoffがアンディ・ウォーホルからインスパイアされたコラボシリーズ全9型47種のアイウェアを発売

Zoffがアンディ・ウォーホルからインスパイアされたコラボシリーズ全9型47種のアイウェアを発売

Zoffがアンディ・ウォーホルからインスパイアされたコラボシリーズ全9型47種のアイウェアを発売の画像

メガネブランドのゾフ(Zoff)が、アンディ・ウォーホルからインスパイアされたコラボレーションシリーズ「I?M ANDY WARHOL」全9型47種を、9月14日よりゾフ店舗、オンラインストアなどで発売する。


アンディ・ウォーホルは、誰もが知っている人物やシンボルを素材にした作品を発表し、その後のポップアートの隆盛を牽引した。そのウォーホルのアート界に残したイノベーションと功績に対するリスペクトと、季節やファッション、気分に合わせて気軽に楽しめるファッションアイテムになってほしいというゾフのアイウェアに対する想いから、アンディ・ウォーホル美術財団とのパートナーシップによるコラボレーションプロジェクトが実現した。

アンディ・ウォーホルの数々の名言の中の1つ、“In the future everybody will be world famous for fifteen minutes(誰もが15分間有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう)”という言葉が、今回のコレクションテーマ。これには、ゾフのブランドテーマである「EYE am a HERO」の意味が込められており、「誰もが主役になれる」アイウェアとして、「I?M ANDY WARHOL」シリーズが誕生した。本シリーズには、ウォーホルのシグネチャーと共に、このメッセージがプリントされている。また鋲のデザインには、ダブルクウォーテーションマーク(“”)がアイコンとして落とし込まれた。


本シリーズは、「シルバー ファクトリー(Silver Factory)」(9,000〜1万2,000円)4型16種類、「シルク スクリーン(Silk Screen)」(7,500円)2型16種類、「セルフ・ポートレイト(Self-Portrait)」(7,000円)3型15種類、3つのライン全9型47種類の個性溢れるプロダクトがラインアップ。ウォーホルの人物、作品、背景、歴史、スタイル、思想などが、様々な形でデザインとして表現されている。メガネはすべて標準レンズ代込み。オリジナルケースとメガネ拭きも付属する。

「シルバーファクトリー」と「セルフ・ポートレイト」が9月14日、「シルクスクリーン」が9月28日に、アウトレット店舗を除くゾフ店舗、ゾフオンラインストア、ゾフ楽天市場店、ZOZOTOWNなどで発売を開始。本シリーズ購入者に限り、先着でオリジナルコラボショッパーのプレゼントも実施。ショッパーの柄は選択不可、デザインは店舗により異なる。