アークテリクスが新宿伊勢丹でウィメンズ展開を開始! ポップアップも同時開催

アークテリクスが新宿伊勢丹でウィメンズ展開を開始! ポップアップも同時開催

アークテリクスが新宿伊勢丹でウィメンズ展開を開始! ポップアップも同時開催の画像

アークテリクス(ARC’TERYX)は、伊勢丹新宿店本館2階=アーバンクローゼットにて、10月3日よりウィメンズの展開を開始。あわせて、アークテリクス24(ARC‘TERYX 24)のポップアップストアが16日までの期間限定でオープンする。


アークテリクスの歴史は、1989年、カナダ・バンクーバーにて、クライマーのデイブ・レインと友人のジェレミ・ガードによってハーネスを製造販売する「ロック・ソリッド」の社名で設立されたのがはじまり。1991年に社名を「アークテリクス」に変更、アーキオプテリクス(始祖鳥)の化石をモチーフにしたロゴマークを採用した。1994年にはバックパック、2015年にはフットウェアを発売開始。20年以上のブランドの歴史を通し、最高のパフォーマンスを発揮する最高品質の製品を求め続けてきた。

2018年秋冬は、アウターとカラーリングに注目。以前から定評のあったコートを強化し、移り行く気候の変化によって着合わせられるよう種類を豊富に取り揃えている。アウトドアの知識を生かし、軽量性も考慮して設計されているので、スタイリッシュでありながら長時間の着用も可能に。カラーは専属のカラーリストが何年もかけて蓄積したデータを元に選んでおり、一見なじみのない色でも着用するとスッとなじむと評判です。どのコートも落ち着きのある大人の女性や、都会で働く女性にぴったりのものに仕上がっている。


ポップアップストアをオープンするアークテリクス24は、アークテリクスが過酷な山岳環境下で培ってきたディテールや素材を街に落とし込んだ洗礼されたデザインの商品。「毎日の暮らしで本物の機能を着る」をテーマとしており、今回のポップアップストアでは、洗練されたデザインと本物の機能性を詰め込んだコートを多数展開する。

アークテリクスならではのカラーと機能性を店頭で体感してみては。